忍者ブログ

4番、サード、いたち野郎

千葉ロックマリーンズ
MENU

デヴィッド・ボウイ死去

総括しきれないほどのキャリアを積んだ人は、死ぬ間際にどんなことを考えるだろう。

デヴィッド・ボウイの50年近くに渡るアーティスト生活は、変化の連続。アンダーグラウンドなフォークシーンからヒットを飛ばして間を空けずに派手な化粧を施し、数年後にはベルリンから革新的なインストゥルメンタル音楽を届け、ちょっと休んだと思ったら今度はディスコサウンドで音楽界の頂点に。カメレオンと揶揄されるほどほかのミュージシャンには真似できないスタイルチェンジを見せ、その度に賞賛の絶叫と批判の怒号を受け止めてきた。創作意欲を常に高く保ち、各年代ごとに名作と言われるアルバムを生み出し続けた。ロックのアイコンとして生きてきた唯一無二の人生は、最期の目にどう映ったのか。

訃報のあとボウイのごく初期のアルバム「Space Oddity」を聴いた。歌声がいままで聴いてきたものと別ものに思える。ジョージ・ハリスンの時もそうだった。アンディ・ウォーホルは「死んだ人の歌は怖く感じる」と書いていたけども、ぼくも子どもの時からずっとそう考えていた。この声がこの世にもう存在しないと思うと、いつもより耳の奥底まで響く錯覚に陥る。

ちょうどレコードを整理している最中で、並べてみるとボウイは3、4番目くらいにレコードを持っていた。ヘヴィなリスナーとはいえないが、古いロックが好きな人ならば、ボウイのアルバムを1枚くらい持ってるんじゃないだろうか。それくらい普遍的な存在だと思う。

ぼくは映画「ラビリンス」での俳優・ボウイも好きだ。80年代の洋画を見ていると、若者の部屋にボウイのポスターが貼ってある場面をよく目にする。「レッツ・ダンス」が売れに売れていた時期なのだろうが、年をとっても影響力を持ち続ける彼のカリスマ性に感心していた。

新作「Blackstar」を発表した2日後に亡くなるなんて、誰も予想できない結末だった。彼の発表するアルバムがいつもそうであったように。彼の家族と友人たちにお悔やみを。



にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村
バナーをクリックいただくと管理人にいいことが起こるそうです。

拍手[3回]

PR

Comment

無題

  • Graham
  • 2016-01-12 16:00
  • edit
いたち野郎さん、こんにちわ。
昨日Twitterを見てて知って、ここ数年で一番の衝撃です。
Bowieは好きじゃない人はいるかもしれませんが、嫌いな人はあまりいないんじゃないかと思います。
それくらい、彼は様になる人でした。

僕は90年くらいにRykoからリイシューされ始めた時に聴き始めて、「Station To Station」くらいまでは好きでした。
「世界を売った男」「ハンキー・ドリー」が一番好きかな。
ベルリン3部作は正直動揺しました(笑

彼の作品は、どんなスタイルでも秘かにソウル・R&Bフレーバーが根っこにあるので、基本60年代の僕でもすんなり好きになりましたね。

彼のような存在は、もう現れないような気がします。
Beatles以上にね。

新作のタイトルって、何かほのめかしているようで、全く彼らしいですね。

無題

  • いたち野郎
  • 2016-01-13 01:10
  • edit
グラハムさん、コメントありがとうございます♪

年をとっても若々しく洒脱にしていた姿しか想像できなかったので、突然の訃報には本当に驚きました。

ぼくは名盤本を読んで「Ziggy Stardust」を聴いたら、すごいぞ!ってなって、それからリアルタイムで発売されていた「アワーズ…」を買ってみたら、全然違くて。
その後「Pin Ups」を聴いたことで原曲を求め、一時シングル地獄に陥ったことも記憶に新しいです笑

Beatles以上の存在、言われてぼくもそう思いました。Bowieのフォロワーはたくさんいるけれど、彼のマルチな魅力を携えた人物はなかなかいないでしょう。タイプは違いますが、Bob Dylanくらいのカリスマでないと肩を並べられないかもしれません。BowieもDylanを意識してきた部分はあるかもしれませんが。

地球に落ちてきたはずが、最期は再び宇宙へ戻りBlackstarに…憶測を呼ぶ新作のタイトル、アーティストの姿勢を貫いたなあと思います。
お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

× CLOSE

カレンダー

01 2017/02 03
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

最新コメント

[01/01 SAMARQAND]
[07/03 いたち野郎]
[06/28 yuccalina]
[02/12 いたち野郎]
[02/06 旧一呉太良]

フリーエリア

プロフィール

HN:
いたち野郎
性別:
男性
職業:
紳士
趣味:
レコード
自己紹介:
1984年生まれ。現在の住まいは千葉県浦安市。

ブログ内検索

アクセス解析

カウンター

バーコード

忍者アナライズ

× CLOSE

Copyright © 4番、サード、いたち野郎 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]