忍者ブログ

4番、サード、いたち野郎

千葉ロックマリーンズ
MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ドキュメンタリー映画 ジョージ・ハリスン「リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド」




今有楽町で「大人の音楽映画祭」という催しをやってるっつーとこで、いくつかの作品に目ぼしを付けて見に行ってます。昨日は午前11時から210分も上映していたジョージ・ハリスンのドキュメンタリー映画「リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド」を見てきましたよ。
 
ビッグカメラの上にある角川シネマってことで、ビッグカメラのポイントカードで500円も割引きです。平日の朝一上映の割には、意外と人がいましたかね。飲み物は高いから意地でも買わない。
 
初上映って去年でしたっけ?とっくにDVDも出てるし、初公開となる収録曲のCDも出てるっつーもので、あの時すっかり見逃していたし、そして見に来て思いだしたけど監督がマーティン・スコセッシ。今やロック・ドキュメンタリー映画で幅かせてますが(とか書いてる割にはどれも見たことない)、なんといってもタクシー・ドライバーの監督さんですよね。色々と興味深い映画です。
 
2部構成になっていて、後半の頭まではビートルズ時代をガッツリやってます。ソロ時代の方をメインにやるんじゃないかと思っていたのですが、むしろソロはワーナー時代をほぼスルー。ヒット作「クラウド・ナイン」すら取り上げてはいませんでした。「ダークホース」以降はいきなり「トラヴェリング・ウィルベリーズ」に飛んで、あとは晩年。
 
なんでそういう構成になってるかってのは、全編通してジョージとお友達との絡みを重視している印象だったので、Fab4時代やバングラディシュ・コンサート、それにトラヴェリング・ウィルベリーズあたりがクローズアップされるのもそういった狙いからだったのかもしれません。
 
インタビューに登場するのは、実兄や妻、息子のダーニら親戚をはじめ、ポール、リンゴ、ヨーコ、クラプトン、ジョージが投資していたモンティ・パイソンのエリック・アイドル、トム・ペティ、それにレーサー友だち(有名な人らしいです)やら多数。皆さんが共通して話すのは、ジョージが個性的且つ革新的なギタープレーヤーであったこと、そして普段の優しい姿とは違い正直に物事を話してしまう二面性を持った人であること。それにこれだけインタビューされる人がいるように、周囲の人間を惹きつけてやまない魅力があるってとこでしょうか。とにかく人脈が広い。
また、毒のキツさではビートルズ随一で、久しぶりにあったポールには「菜食主義者なのに革ジャン着てるのかい?」と、万物の理を日々考える彼らしい先制パンチでした。あとジョージといえばインドでして、特にラヴィ・シャンカールとの交友についてはけっこう時間を割いていました。
 
その他感想。
 
◆フィル・スペクターこわすぎ
ジョージのソロ・アルバム「All Things Must Pass」はフィル・スペクターによるプロデュース、ということでインタビューに登場していました。これって牢屋に打ち込まれる前?後?かわかりませんけど、声にならぬ悪魔的(身近な例では高見山的)な声に黒とディープレッドでキメたシックな服、それに厚化粧とヤバさ全開!
 
ここで披露してくれたのはシングル・カットされ大ヒットした「My Sweet Lord」の秘話。はじめからシングル・カットするよう推していたのはフィル・スペクターのみで、他のスタッフ、それに当のジョージですらシングルにすることは反対していたようです。理由は「歌詞が宗教的すぎるから」。作った本人がそれ言っちゃオシマイなんですが、客観的に見て悲観するのもジョージの作詞の世界に通ずるといえば通ずる…。
しかし多くの反対意見を一蹴するようにフィルは「これは商業性を持ってるから絶対売れる」と言ったそうです。
 
音楽(特にロックでは)が商業的であることはネガティヴに見られがちですが、本来商業的であることはまったく悪くないはずで、とはいえ今ではCDをヒットさせるための仕組みに権力の爪あとやあざとさが見え見えになっていてそう思われても仕方ない、というくらい自分で自分の首を締めてきた音楽業界…
その点フィル・スペクターは彼の鋭敏な直感で「商業性」の有無を判断しており、これは藝術を見る目に近い嗅覚といえるかもしれません。非常に心打たれるエピソードでした。あら、ジョージ関係ない…。
 

◆相変わらず面白いリンゴ
ビートルズ時代のインタビュー集とか読むと4人の発言というのはそれぞれクセがあって、その中でも最も面白いのはリンゴ・スターだと思ってます。芸人気質というか、どんなジョーク言っても外さないですよね。今回もいちいち面白かった上に、最後はホロリとするエピソードで締めてくれています。またジョージ関係ない…。
 

◆欲しかったシーン
せっかくならビートルズ再結成による「Free as a bird」などの収録映像があればと思ったのですが、「アンソロジー」がDVD化した時にボーナスで入ってるから見送られたんでしょうか。
そして遺作にして名盤の「Brainwashed」の話がまったく出なかったのも残念。盟友のジェフ・リンやジム・ケルトナー、それに息子のダーニが参加しているのだから話はあったと思うのですが、どうだったんでしょう。



3時間半と長い映像ながら最後まで見られました。レコーディングや演奏技術とかいわゆるアーカイブ的な展開にこだわらず、ジョージの人となりを穏やかに知ることができるシンプルなドキュメンタリーで好感が持てます。




ジョージ・ハリスン「リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド」



にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村
バナーをクリックいただくと管理人にいいことが起こるそうです。

拍手[4回]

PR

Comment

無題

  • ひで
  • URL
  • 2013-02-24 03:40
  • edit
これまだ観てないです。正直、ジョージってどうも影が薄い印象が拭えないんですよね…。あと、なんか無愛想な感じもするし…
レット・イット・ビーでポールと口論してたシーンとか見ると結構言いたい事はハッキリ言う人なんだなとは思いましたけど。

>とにかく人脈が広い
アルビン・リーと一緒の写真もネットで見ました。中村雅俊さんと一緒の写真も見た事あります。
故人を悪く言う人も居ないでしょうし、こういう映画では良い人の面が強調されるのはお約束なんでしょうけど、やっぱり良い人だったんでしょうかね。
自分と誕生日が近いせいもあって結構親しみ持ってます(笑)。ブライアン・ジョーンズもそうだったけど、いかにも魚座っぽい人って感じで。

無題

  • いたち野郎
  • URL
  • 2013-02-24 23:06
  • edit
ひでさん、コメントありがとうございます♪
ジョージの二面性についてはそこそこ厳しい意見も飛んでました。あのヨーコさんですらジョージのオブラートに包まない物言いでナイーブになったとか。
前の奥さんのパティや最期を見とった奥さんも同じようなことを言ってました。普段はとても優しいそうですが、思ったことは口に出すタイプなのかも。

なんと中村雅俊さんとの写真!中村さんは自身のコンサートでもビートルズをカバーしているそうですね。見たことはないのですが。
お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

× CLOSE

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント

[06/23 cartier baignoire stainless steel discount]
[06/04 montre rolex deepsea prix contrefaçon]
[06/04 bracciale repliche love cartier]
[03/26 たかゆき]
[03/14 submariner rolex occasion replique]

フリーエリア

プロフィール

HN:
いたち野郎
性別:
男性
職業:
紳士
趣味:
レコード
自己紹介:
1984年生まれ。現在の住まいは千葉県浦安市。

ブログ内検索

アクセス解析

カウンター

バーコード

忍者アナライズ

× CLOSE

Copyright © 4番、サード、いたち野郎 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]