忍者ブログ

4番、サード、いたち野郎

千葉ロックマリーンズ
MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

書籍 「日本ロック大百科[年表篇] ロカビリーからバンドブームまで」






「日本ロック大百科[年表篇] ロカビリーからバンドブームまで」
著者:宝島編集部
初版:1992年
発行:宝島
ページ数:215
定価:1400円

読みやすさ
(文章):★★☆☆☆
(構成):★★★★☆
読みごたえ:★★★★☆
初心者にも安心:★★★★★
マニアック:★★★★☆
オリジナリティ:★★★★☆


オススメ度:★★★★☆

数ヶ月前にブクオフさんの100円コーナーにあったもの。ちょっとほったらかしてましたが、興味のあるところなどをかいつまんで(一応大体は)読みました。宝島からのものということで、雰囲気はお察しいただけるかもしれませんが…。日本のメジャーなロックとマイナーなものとを区別なく併せて書いてあるものは貴重な気もします。ヒット作をなぞるだけでなく、ある程度の深さまで掘り下げてあるのでは。ただ、誤字脱字が多かったり、フォントばらばらでやや読みづらい印象はあります。

タイトル通り年表という形で書き進められています。始まりの時代はなんと1955年。そこからバンドブームを体現するXやスチャダラパーなどが活躍した1990年まで。ずーっと年表だったらさすがに読み物としては読まないですが、ある年代ごとに区切りをつけていて、各セクションごとに総評的なコラムがあったり、当時活躍したミュージシャンへのインタビュー記事があったり、この辺がなかなか楽しく読める箇所です。他にも、毎ページ下部には謎のトリビアがあったり、写真が多いのも有り難いかぎり。センターにはカラーページがあり、そこには80年代の貴重な自主制作盤が彩られています。コラムも鋭く書かれていていい感じです。

どういったところの名前があるのか…というのもある程度。各セクションで名前が挙がっているのは、50年代はミッキー・カーチス、山下敬二郎、平尾昌晃。60年代は坂本九、エミー・ジャクソン、加山雄三、ブルーコメッツやオックスなどのGS、それにフォークルやジャックス。70年代前半(インディ・フォークやニュー・ロック)はRCサクセション、遠藤賢司、フラワー・トラヴェリン・バンド、フードブレインなど。後半のニュー・ミュージックではキャロル、松任谷由実、サザンなど。その後はテクノやニュー・ウェーヴ、ヘビメタなどが入り乱れる、という感じでしょうか。






にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村
バナーをクリックいただくと管理人にいいことが起こるそうです。


拍手[0回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

× CLOSE

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新コメント

[06/23 cartier baignoire stainless steel discount]
[06/04 montre rolex deepsea prix contrefaçon]
[06/04 bracciale repliche love cartier]
[03/26 たかゆき]
[03/14 submariner rolex occasion replique]

フリーエリア

プロフィール

HN:
いたち野郎
性別:
男性
職業:
紳士
趣味:
レコード
自己紹介:
1984年生まれ。現在の住まいは千葉県浦安市。

ブログ内検索

アクセス解析

カウンター

バーコード

忍者アナライズ

× CLOSE

Copyright © 4番、サード、いたち野郎 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]