忍者ブログ

4番、サード、いたち野郎

千葉ロックマリーンズ
MENU

書籍 「Bringing It All Back Home(アイリッシュ・ソウルを求めて)」

4175f979.JPG









「Bringing It All Back Home(アイリッシュ・ソウルを求めて)」
大栄出版
初版:1993
ページ数:458



読みやすさ
(文章):★★★★★
(構成):★★★☆☆
読みごたえ:★★★★★
初心者にも安心:★★★☆☆
マニアック:★★★★★
オリジナリティ:★★★★★


オススメ度:★★★★☆


あけましておめでとうございます。今年もこちらAct.2をよろしくお願いします。

いやはや、去年は本当はこちらの方でずっと更新していくつもりでしたが、時間をかけたいものが多くて、その上最近はやや忙しいということでほったらかし気味でしたが…とりあえず書きかけていたものをアップします。なんか最近管理画面にアクセスできなかったんですが、先ほどようやくできました。



大栄出版の毎度重厚な、The Roots of rockシリーズ、アイルランドの民俗音楽についてあれやこれや書いてあります。原タイトルは「Bringing It All Back Home」ということで、ボブ・ディランによる同タイトルの歌が有名です。

イギリスの国営放送局のBBCが企画した取材ということで、史実に則ったような感じになっていると思います。全部で450ページくらいですが、その半分がアイルランドの歴史も学べるという、生涯学習ここにあり。

このアイルランドからアメリカへ移民がたくさん渡ってきたんですが、鉄道の線路を敷くという過酷な肉体労働、低賃金、寒空の環境の中、故郷の旋律 とともに労働歌を歌い始めたなんてのが綿花の方々とも被るとこがあるようで、ブルーズだけでなく多方面からの民俗音楽がアメリカに集まりつつあったようで す。

アイルランドというと、ヴァン・モリソン、エルヴィス・コステロ、U2、ポーグス、シン・リジィ…ワールドワイドな人気はないですがコテコテ伝承 フォークのホースリップスも有名?フェアポートなどなど…

しかしU2のぼのぼの先生の話というのは毎度のことながらタメにならないという…「U2のやってることは、アイルランド的な何かがあると思 う…」って、何か分からないんか~い。しかしこの「決断しないことを決断した」みたいなフラット感が良くも悪くもモンスターバンドにさせたのやもしれやせ ん。

原書の方はアイルランドの民俗音楽について特に細かく書かれていて、商売するには問題があったのか(爆) 日本版にはこの本の翻訳した方二人によってアイリッシュ音楽とロックを巡る関係について書かれているオマケがあります。インタビュー集もあり、見慣れない名詞についての注釈も豊富で、資料性もソコソコある本になってると思います。

はしょりすぎになってしまいましたが、また時間の出来た頃に本気を出すとしまして…(爆)









にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村
バナーをクリックいただくと管理人にいいことが起こるそうです(爆)


拍手[0回]

PR

Comment

無題

  • Pandaboy
  • URL
  • 2010-01-17 00:37
  • edit
遅いコメントで申し訳ないです。

本書は未読なのですが、ロックはアイルランド音楽が移民と共にアメリカに渡ってカントリーを生み、それが黒人のブルースと結びついて誕生した、というのが定説になるかと思います。

ビートルズも4人のうち3人がアイルランド系と言われていますし、そうして考えると、ロックの本当の母国はアメリカでもイギリスでもなくて、アイルランドということになるかもしれません。

この辺の事情は片岡義男さんの『エルヴィスからはじまった(ぼくはプレスリーが大好き)』(ちくま文庫)にも詳しいんですが、それは現在でも入手可能なのかどうか…。

もし見つけたら、ぜひ読んでみてください。

無題

  • いたち野郎
  • URL
  • 2010-01-19 01:22
  • edit
パンダさん、どうもこんばんは♪

ロックのルーツをたどるというのもなかなか難解な作業ですが、僕が思うことは、ブルースもカントリーも歌詞がかなり重要なんだな…というところが気にかかるところで、ディランはその辺りのことをよく分かっていたし、ロックミュージシャンもそれを理解して感化されたって感じで、ロックとの結びつきが強まったような、そんな感じを受けています。

片岡義男さんのそのタイトルの本、よく名前を見かける気がします!絶版ですと探すのが難しいですが、見つけた際は読んでみたいと思います。情報ありがとうございました!
お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

× CLOSE

カレンダー

12 2017/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新コメント

[01/01 SAMARQAND]
[07/03 いたち野郎]
[06/28 yuccalina]
[02/12 いたち野郎]
[02/06 旧一呉太良]

フリーエリア

プロフィール

HN:
いたち野郎
性別:
男性
職業:
紳士
趣味:
レコード
自己紹介:
1984年生まれ。現在の住まいは千葉県浦安市。

ブログ内検索

アクセス解析

カウンター

バーコード

忍者アナライズ

× CLOSE

Copyright © 4番、サード、いたち野郎 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]