忍者ブログ

4番、サード、いたち野郎

千葉ロックマリーンズ
MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

書籍 「Lou Reed ワイルド・サイドを歩け」 by Peter Doggett

JUGEMテーマ:音楽 




上:フロント
下:バック


「Lou Reed ワイルド・サイドを歩け」
著者:ピーター・ドゲット
訳:奥田祐士
大栄出版
1992年初版

489ページ
定価2000円

読みやすさ
(文章)      ★★★★☆
(構成)      ★★★★★
読みごたえ   ★★★★★
初心者にも安心★★★☆☆
マニアック    ★★★★★
オリジナリティ  ★★★★★

オススメ度:   ★★★★★


うーん、4つ星か5つ星か迷いましたが、読み応えがとにかく圧倒的だったということで、5つつけてみました。またしても大栄出版のカルト・バイオ・シリーズより。そろそろこのシリーズも読んだものは打ち止めかしら…

バイオシリーズなので、彼の生い立ちから90年頃までの活動をパーソナリティな側面から追っているのですが、学生時代やベルベット時代に偏ることなく、リードにとっても公平に、満遍なく研究された良書といえるのではないでしょうか。彼の学生時代の経験がどのように作曲に生かされ、反映されているか…とらえどころがしっかりしていて、実にうまく描かれています。

これは注文というより、この本の特性として気になることなのですが、アルバム毎に曲の評価を、著者が独自の視点で、かなり主観的に評価を下すシーンが非常に多いです。主観的と書いたのは、リードのどの曲のどの詞が優れているとか(全体的にあまり音楽的な点には言及が少ない)で、英語もまっとうに読めない僕にはいかんとも評価しがたいところなのですが…リードの詞を読み解く参考にはかなりなると思います。

リードはアーティストとして、どこまで本気で聴衆を感動させようとしているのか、はたまた、知性の鋭さゆえに、まったくもって人々を計算高く愚弄しきっているのか…表現方法において謎につつまれたリードの人物像を、哲学や文学の分野からも突き詰めようとしています。果たしてこれほど得体の知れない人物を紐解ける日はくるのか…


本の冒頭に、村上龍による至極どうでもいい序文(自分の優位性を主張したいだけの中身)がありますが、無視して構わないと思います(大爆)



拍手[0回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

× CLOSE

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新コメント

[06/23 cartier baignoire stainless steel discount]
[06/04 montre rolex deepsea prix contrefaçon]
[06/04 bracciale repliche love cartier]
[03/26 たかゆき]
[03/14 submariner rolex occasion replique]

フリーエリア

プロフィール

HN:
いたち野郎
性別:
男性
職業:
紳士
趣味:
レコード
自己紹介:
1984年生まれ。現在の住まいは千葉県浦安市。

ブログ内検索

アクセス解析

カウンター

バーコード

忍者アナライズ

× CLOSE

Copyright © 4番、サード、いたち野郎 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]