忍者ブログ

4番、サード、いたち野郎

千葉ロックマリーンズ
MENU

書籍「1000 レコードジャケット」



書籍「1000 レコードジャケット」
マイケル・オクス
2002年
タッシェン・ジャパン
766ページ
2500円
読みやすさ
(構成)     ★★☆☆☆
読みごたえ   ★★☆☆☆
初心者にも安心 ★★★☆☆
マニアック   ★★★☆☆
オリジナリティ ★★★★☆
オススメ度   ★★★☆☆
洋書カテゴリーにて「ジャケット」で検索するとよく引っかかる本がこちらでして、それがちゃんと日本でも出版されていた…といっても著者によるイントロデュースや項目ごとの数ページが日本語訳されているくらいで、おそらく原書とほとんど変わらない内容だと思います。
ジャケのみ!みたいな本ておそらく初めて読みました。ちゃんと本の構成に倣い、ただ眺めただけです。著者の方は60年代頃から音楽カメラマン、ライターとしていろいろなレーベルを渡り歩いた方だそうで、何でもそうした仕事をするたびにレコードを貰える環境にあったそうです。そこで宝の山となったコレクションを使ってこんな本を出してしまったんですね。
基本的には年代ごとにジャケットを掲載していますが、カメラマンだけあって構図や絵のタッチにも共通点を見出して並列しているのはユニークだなと思います。


Supertramp「Breakfast in America」





Al Kooper「I stand alone」




が並んでいるのとか、妙に感心してしまう。言われないと同じ類型のものとは思えませんからね…。
Boz Scaggs「Silk Digrees」Richie Havens「The End of the Beginning」も個別に見るとまるで違うのに、左右対称ぽい。
見ていて面白いのは、オリジナルのジャケではなかなかCDにされない50年代の数々。60年代以降は有名なアルバムばかりなんで眺め飛ばしまくり。気になったのは、UKのビート・グループ~サイケのあたりがアメリカ盤ばっかりだな~と思っていたら、著者はアメリカの中ぐるぐる回ってレコードをもらっていたのだからそりゃそうだ、と合点。しかしThe Who「My Generation」がVirgin盤のみなのは萎える(^q^)
それと、キーフによるジャケとかがスパッと抜けてるんですよ。イントロデュースに一部掲載が許されなかったのがある、てことなんでおそらくそうした憂き目にあったんでしょうが…ジャケ本の一番の課題になりそうですね。
そうしたこと以上に、何か物足りなく感じるのはなぜだろう…と考えてみたところ、やはりジャケットにデータも付いてないとどうもダメみたいです。デザインした人くらいは載ってるんですが、たまに年代表記の違い(サンプルになっているレコのプレス時期なのかアルバムそのものの発表年なのかイマイチ分からない)があるのも気になる。あとやはりレーベル面も見たいし。レコードの本でありながら、レコード的な読み方ができない片手落ち感が拭えぬまま眺め終わりました…と、今回はなかなかに自分勝手な感想ですがご容赦を。




にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村
バナーをクリックいただくと管理人にいいことが起こるそうです。

拍手[2回]

PR

Comment

やっぱりデータが命

  • GAOHEWGII
  • URL
  • 2014-04-07 18:24
  • edit
いたち野郎様
こんばんは

ジャケット本もデータが命ですよね。
1000というあまり多くない数量も
ちょっと少ないかな・・・と。

でも、
英米のジャケをごっちゃにして
まとめようという
挑戦は凄い。
構図に着目するのは面白そうですね。

無題

  • いたち野郎
  • URL
  • 2014-04-08 00:54
  • edit
GAOHEWGIIさん、コメントありがとうございます♪

1ページに1枚だけ掲載、というくらいジャケのスペースを取っているので、過去のアルバムを俯瞰する、とまではいかないようですね(^_^;) 鑑賞目的ならばそれでいいのかもしれませんが…

構図で並べているのはありそうでないかもしれませんね。パロディ・ジャケを並べるより、ずっと深く切り込んだ構成だと思います。デザインセンスのある人が見ると、自分が見る以上にずっと面白く感じるのかも…(笑)

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

× CLOSE

カレンダー

12 2017/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新コメント

[01/01 SAMARQAND]
[07/03 いたち野郎]
[06/28 yuccalina]
[02/12 いたち野郎]
[02/06 旧一呉太良]

フリーエリア

プロフィール

HN:
いたち野郎
性別:
男性
職業:
紳士
趣味:
レコード
自己紹介:
1984年生まれ。現在の住まいは千葉県浦安市。

ブログ内検索

アクセス解析

カウンター

バーコード

忍者アナライズ

× CLOSE

Copyright © 4番、サード、いたち野郎 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]