忍者ブログ

4番、サード、いたち野郎

千葉ロックマリーンズ
MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

宇都宮レコード Latte Miele, Pink Floyd

こないだのエントリの通り、先日宇都宮のレコ店で買い物してきたわけですが、本日はその一部を…。







Latte Miele「apuile e scoiattoli」(1976・伊)

前回エントリの写真にも載っている「受難劇」は予算の都合で手に入りませんでしたが、同じバンドLatte Mieleの3rdアルバムである本作を手に入れました。まぁしかしなんちゅージャケだ、という感じですが、普通にCDでもこの形で出てるみたいですね。その肝心なCDもアマゾンにはあまりなさそうですが…。

前作までの荘厳なまでな世界観とは違い、ジャズやフォーキーなサイケ、シンフォニックなどあらゆる要素が含有され、それまでと比べるとややこざっぱりとしてます。それでもさすがイタリアのバンドというべきか、B面は1曲のみの大作だし、ツインキーボードでのオペラ風音楽「opera 21」での展開の高まり…派手なのに破壊的でないのもプログレの真髄でしょうか。そして、テクニシャンならではの音の粒のしっかりした感じ、これもまた感動的です。いやぁ、素晴らしいアルバムです。




apuile e scoiattoli




opera 21



ついでに変わり種をもう一つ…







Pink Floyd「The piper at the gates of dawn」(1967)

いかにもダメな作りをした感じのピンクフロイドのファーストアルバムのUSオリジナル盤です。ずっと昔に札幌の店でも見かけたけど、あのときは高くて買えなかった…。レーベルはTower Recordということで、検索すると非常にややこしいことになります。恐らくキャピトル系のレーベル。ニルソンの初期作を集めたアルバムもこのレーベルから出てます。

しかしひどいもので、ジャケの上部は白く「STEREO」なんて書かれちゃうし、レーベルにはアルバムタイトルも入れられてないし…。

そして何よりも驚きは収録曲順。

A面
see emily play
pow R toc H
take up the stethoscope
lucifer sam
matilda mother

B面
the scarwcrow
the gnome
chapter 24
interstellar overdrive

オリジナルと曲順まったく違います、というか、頭にアルバム未収シングル曲「see emily play」を入れていまして、米盤ならこれは平常運転なことなのですが、案の定擬似ステレオ。国内盤の再発もこの曲が入ってたと思うのですが、あれはモノラルだったか…? しかし2曲目以降は鮮度もよく、迫力あるなかなかいい音します。
しかし、このアルバムは両面ともに、始まりと終わりを締める曲が実に印象的なのでそこを押さえるのが肝要だと思うんですが、ここでは完全に無視されてます。通常ならB面頭にあるはずの「interstellar overdrive」がアルバムのラストを飾っていますが、次の曲につなぐためのギターをいじる音が急に消えて終わるという残酷な仕上がり。 今でこそ、本作が本来の形でたくさんの人に聴かれているのでこういう曲順で聴くのも面白いちゃ面白いのですが、本人たちからしたら何やっ天皇、という感じだったでしょうね。元々長い曲をこうしてコンパクトに演るよう言われた上この始末…
興味のある方はこの順番に並び替えて聴いてみるのもまた一興かもしれません。






↑MP3なら随分安いすね…



↑ウワサの新リマスタ盤のようです。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村
バナーをクリックいただくと管理人にいいことが起こるそうです。



拍手[0回]

PR

Comment

無題

  • nicohoi
  • 2011-06-29 15:10
  • edit
いたち野郎さん、お久しぶりです。
ピンクフロイド1stの米盤オリジナルってTower Recordですか~知らなかった。
それで同レーベルからデビューしたチョコレート・ウォッチ・バンドが米国のピンクフロイドとして売り出されたんですね。
しかし名曲バイクの無い1stなんて変、チョコウォッチ1stも本人たちに無断で編集されてるし、Tower Recordは無茶苦茶ですね。

前回の壁に掛かる「受難劇」、下北沢のエジソン以来30年ぶりに拝めました。
80年代に発掘されつくし、殆ど全ての音盤が日本に輸入された伊オリジナル盤、元々玉数が少なく世界的に高騰しているので、とにかく何でも安価で見かけたら即ゲット(笑)らしいです。

無題

  • いたち野郎
  • URL
  • 2011-07-01 01:20
  • edit
nicoholさん、どうもご無沙汰してました♪

chocolate watch band、米国のフロイドですか…そんな宣伝があったんですね。彼らの方は、1stで演奏が差し替えられたり散々だったようですね。Tower Recordの性質なんでしょうか。

伊ロックのオリジナル盤、そんなに日本に入ってきてたんですか。70年代後半辺り?はユーロロックの人気も日本であったようですし(国内盤をよく見かけるので)、その流れでしょうか? たしかに、買える値段であれば拾いたい気持ちは湧いてきますね…(笑)
お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

× CLOSE

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新コメント

[06/23 cartier baignoire stainless steel discount]
[06/04 montre rolex deepsea prix contrefaçon]
[06/04 bracciale repliche love cartier]
[03/26 たかゆき]
[03/14 submariner rolex occasion replique]

フリーエリア

プロフィール

HN:
いたち野郎
性別:
男性
職業:
紳士
趣味:
レコード
自己紹介:
1984年生まれ。現在の住まいは千葉県浦安市。

ブログ内検索

アクセス解析

カウンター

バーコード

忍者アナライズ

× CLOSE

Copyright © 4番、サード、いたち野郎 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]