忍者ブログ

4番、サード、いたち野郎

千葉ロックマリーンズ
MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ロンドン五輪閉会式に登場した面々



ロンドンオリンピックの閉会式が今日の未明から早朝にありまして、自分は録画したのをさっき飛ばし飛ばしで見ました。
何で飛ばし飛ばしかというと、ウチにはテレビ番組を録画する機能がないんで近くに住む姉に頼んだんですが、焼いていこうとしたらお手持ちのDVDRでは焼けません、というデジタル放送のルールに掛かりまして、仕方なく今日はその場でちょいちょい見てきたという感じです。

そんなわけで全体のウチの1時間弱しか見られてませんが、ピックアップしながら。


何はともあれ目当てはRay Davies

日本のテレビで、しかも生放送でRay Daviesの演奏を見る日がこようとは。日本語で「キンクスのレイ・デイヴィスです」なんてテレビから聞こえてくるのも何というか違和感が。The Beatles「A Day in The Life」の演奏の直後に車から登場。ロンドン五輪の名にふさわしく「Waterloo Sunset」をおおらかにゆったりと歌ってました。ちょっと感動して涙してしまった。上の写真左がRayですね。右は弟ではございません。ソロツアーでバックをやってるビル・シャンレーですかね。変な写真ですけど、面白いのでこれにしちゃいました。すんません。


Brian May、ファッションのセンスはいまだに




なんと「Brighton Rock」の津軽じょんがらギターで登場したブライアン&ロジャーのQueen。ブライアンがすげー恰好をしてましたが。ブライアンは昔から足まで届く異常に長いジャケットが好きですね。

式の後半は「Bohemian Rhapsody」から始まりましたが、クイーンの演奏の直前には大きなスクリーンにフレディ登場! ウェンブリーで行われたラスト・ライヴでの勇姿が映し出され、観客との掛け合いをするっていう泣ける演出。ここで二泣き。
フレディといえば、92年のバルセロナオリンピックで自作のデュエット曲「バルセロナ」を歌うはずだったのですが、その数ヶ月前に逝去。ようやく残していた舞台に立つことができました。


演出も地でいったWish you were here







これはPink Floyd「Wish you were here」演奏中の演出シーン。演奏してたのはEd Sheeranという若干21歳のフォーク・シンガーをボーカルに、バックはPink FloydのドラマーNick Mason、そしてギターがGenesisのMike Rutherfordですよ。驚きのメンツ。Edさんの歌声がいい具合にギルモアっぽくてね…。

演奏中、とても高いところで綱渡りをするという演出があって、演奏終了と同時にゴールした人が人形と握手するとその人形が発火するという…。これはこの曲が収録されたアルバム・ジャケットを再現してるようです。壁を作ったりブタを飛ばしたりするフロイドらしい演出が健在でした。
しかも、綱渡りしてやっとたどり着いた先でってのが何かいいですね。危うき人生、人間関係の脆さが出てるみたいで。Living on a Thin Lineってヤツですかね。


他に見てきたのはMadness、Pet Shop Boys、Annie Lenox(相変わらず年齢不詳)、The Whoあたり。
演奏や演出も込みで、自分の国の人だけでここまでやれるってとこに、イギリス演芸の底力を感じます。ロック音楽ばかりで五輪セレモニーを貫けるのは恐らくイギリスくらいですよね。アメリカだとR&Bも強いのでちょっと違う風になりそう。これだけ出ててもまだ出るべきミュージシャンがいますよね。ストーンズやロッド・スチュワート、スティングやエリック・クラプトンもイギリスですし。そういえばクリフ・リチャードは出なかったのかな? 個人的にはTears for Fears「Seeds of Love」があったら面白かったんじゃないかと思ってますがどうでしょう。
開会式は録り損ねてMike Oldfieldを見ることがいまだにできてない…あぁ。

そんなわけで、またちゃんとデジタル放送対応のソフトに焼けたら見なおしたいと思います。



にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村
バナーをクリックいただくと管理人にいいことが起こるそうです。

拍手[4回]

PR

Comment

無題

  • へどろん
  • URL
  • 2012-08-14 22:34
  • edit
いやぁ、あとストーンズが出れば英国4大バンド勢ぞろいだったんですけど…♪でも、さすが英国って感じで、我が国が世界に誇れるのはこれだ!って感じのメンツでしたね♪

後は時差がなきゃもっと楽しめたんオリンピックだったんですけど…メダルも多かったですし、うふ♪

無題

  • いたち野郎
  • URL
  • 2012-08-15 03:54
  • edit
へどろんさん、コメントありがとうございます♪

イギリスが今世界に誇れるのはロック&ポップス…何といっても世界の音楽を飲み込んで様変わりさせましたもんね。まだまだ出てもおかしくない人もたくさんいたのですが…♪

ほとんどの競技が夜中でしたからね~。メダルもたくさん出たので普通の時間に見られればよかったんですが…(ヽ'ω`)

無題

  • Pandaboy
  • 2012-08-15 14:13
  • edit
ブリティッシュ・ロックファンにとっては、たまらない閉会式でしたね。
まあツェッペリン、パープルみたいなハードロック系や、あとグラムロックなんかも実にイギリス的だと思うので、そのあたりにも踏み込んで欲しかったなとは思いましたけど。
ただ、それを言いだしたら、じゃあブリティッシュ・フォークはどうなんだとか、ブリティッシュ・ブルースはとか、色んなところに話は飛び火する可能性もありますけどね。

無題

  • いたち野郎
  • URL
  • 2012-08-20 01:32
  • edit
パンダさん、コメントありがとうございます♪

今回のオリンピックの閉会式ではハードロックの選択肢があったんですかね? 全体の雰囲気からするとハードロックは入りづらかったように思いました。でも、天国への階段ならもしかしたら…。

そういえばフォークのようなトラッド色はあまりない気がしましたね。伝統よりも戦後の世界を席巻した英国音楽…
お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

× CLOSE

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新コメント

[06/23 cartier baignoire stainless steel discount]
[06/04 montre rolex deepsea prix contrefaçon]
[06/04 bracciale repliche love cartier]
[03/26 たかゆき]
[03/14 submariner rolex occasion replique]

フリーエリア

プロフィール

HN:
いたち野郎
性別:
男性
職業:
紳士
趣味:
レコード
自己紹介:
1984年生まれ。現在の住まいは千葉県浦安市。

ブログ内検索

アクセス解析

カウンター

バーコード

忍者アナライズ

× CLOSE

Copyright © 4番、サード、いたち野郎 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]