忍者ブログ

4番、サード、いたち野郎

千葉ロックマリーンズ
MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

映画での音楽(7) 「ラビリンス/魔王の迷宮(Labyrinth)」

ここのところボウイ、ツインピークスとエントリーしてきたのですが、なんとドラマの映画版である「Twin Peaks -Fire walk with me」ではボウイが出演していたという、いやはやなんと奇遇な。ほんの数分しか出てませんが、話題性があったのか結構上の方でクレジットされてました。
↓ボウイ出演シーン



Weird David Bowie Scene

映画版は時間軸的にはドラマでのものより前の時間が舞台となりますが、ネタバレ豊富なので必ずドラマから見るように…。


ボウイはデビュー前から役者やパントマイムをしていただけあって、ミュージシャンとして地位を確立してからも俳優として度々スクリーンやテレビに登場してきました。大島渚監督「戦場のメリー・クリスマス」が日本では特に有名だと思いますが、その他にボウイ出演作で日本でもヒットした映画が「ラビリンス/魔王の迷宮」(1986)です。戦メリの数年後ですね。



Lybyrinth Trailer


主人公の女の子と赤ちゃん、それに魔王演じるデヴィッド・ボウイ以外はほぼ操り人形で演じられているという異色映画。監督はジム・ヘンソンセサミ・ストリートの生みの親です。製作総指揮はジョージ・ルーカス

物語はまるで童話のようなお話。継母と父親が留守の間に、異母弟・トビーの子守りを命じられた15歳のサラ。多感な時期にあった彼女は家庭環境に苛立ち、冗談のつもりで愛読書に出てくる呪文を叫んでしまう。しかしこれを真に受けた魔王ジャレスは、トビーをゴブリンの住む世界「ラビリンス」に連れていってしまう。サラは弟を救うため、ラビリンスへと向かう、という感じです。

監督は初めから魔王の役をロック・スターにやらせたかったらしく、ミック・ジャガー、マイケル・ジャクソン、デヴィッド・ボウイの3人にまで絞り、最終的にはボウイに決めたんだそうです。3人それぞれステージでの動態がまったく違いますから、他の2人だったら…というのもなかなか興味深いですね。

この映画の凄まじいのは、ファンタジックな世界を演出するための様々な工夫で、合成なんじゃないかと思うような非現実的なアクションも、実は人力でやってる、なんてのが随所にあります。このあたりはDVDの特典映像で当時の撮影風景を見ることができるのですが、これがまた面白いです。色々な舞台装置やちょっとした仕掛けに感心しきり。

悪役を演じるボウイですが、映画のために多数の楽曲を提供し、劇中でも歌っています。親しみやすいものもあればシリアスなものもあり、総じてバランスの取れた曲群となってます。



Magic Dance



Underground(テーマ曲)



As the world falls down


などなどと、ボウイの曲が色々登場するということで、これがマイケルやジャガーなら、というのも空想の域を出ませんが、果たしてどうなったのか。でもミック・ジャガーが出るような映画ではなさそう(爆)
 マイケルはジョージ・ルーカスの「キャプテンEO」でも出演していたので、可能性は高かったのではと思うのですが。


公開当時に同名のファミコンソフトも出てました。Magic Danceなど、頑張って再現している曲もあります。



NES Labyrinth Area 2&3








にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村
バナーをクリックいただくと管理人にいいことが起こるそうです。


拍手[1回]

PR

Comment

マニアックすぎる映画

  • nasumayo
  • URL
  • 2012-01-31 22:59
  • edit
ご無沙汰です。
DVD、サントラ、ファミコンすべて持っております。

この映画の魅力は人形と音楽につきますね。(てゆーかそれしかない)
いや本当にジャガーじゃなくボウイで良かったなと(笑)

今だったらこの手の映画はヒットどころか公開すら厳しいでしょうね。

無題

  • いたち野郎
  • URL
  • 2012-02-01 00:42
  • edit
nasumayoさん、どうもご無沙汰です♪ コメントありがとうございます。

いやぁ、さすがボウイファンのnasumayoさん、ファミコンまでおさえてらっしゃるとは!

今や滑らかなディズニーアニメ全盛ですもんね。今人形劇で映画を作るのはちょっと勇気が必要そうです。それに、ゴブリンのドンを演じられるようなスターといえるような人もなかなか…好き嫌いは別にして、とりあえずはレディ・ガガしか思いつかないです(爆)
お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

× CLOSE

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新コメント

[03/26 たかゆき]
[03/14 submariner rolex occasion replique]
[01/01 SAMARQAND]
[07/03 いたち野郎]
[06/28 yuccalina]

フリーエリア

プロフィール

HN:
いたち野郎
性別:
男性
職業:
紳士
趣味:
レコード
自己紹介:
1984年生まれ。現在の住まいは千葉県浦安市。

ブログ内検索

アクセス解析

カウンター

バーコード

忍者アナライズ

× CLOSE

Copyright © 4番、サード、いたち野郎 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]