忍者ブログ

4番、サード、いたち野郎

千葉ロックマリーンズ
MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

映画での音楽(9) 「I wanna hold your hand(抱きしめたい)」



1978年米で公開された映画「抱きしめたい」は、ビートルズのアメリカ上陸、そしてエド・サリヴァン・ショーに出演した1日を舞台に、ビートルズを一目見たいというニュージャージー州の若者たちが繰り広げるコメディ・・・・・・といったところですが、この映画の監督はなんとロバート・ゼメキス、脚本は後に「バック・トゥ・ザ・フューチャー」でもコンビを組むボブ・ゲイル、さらにプロデュースはスティーヴン・スピルバーグという何とも贅沢な面々。とりわけゼメキスは当時まだ26歳。それにスピルバーグが協力しようなんていうのは、すでに才能を見抜いていたということなんでしょうか。

この映画に使われる曲は、当然アメリカにきた1964年までのビートルズの楽曲オンリー。オープニングはタイトル通り・・・・・・



実際の映像とタイトル曲を合わせて始まります。実際は、これより前にちょっとした小話があるのですが。

これが本当によくできた映画で、随所にゼメキスらしいユーモアが散りばめられていて(もろに「バック・トゥ・ザ・フューチャー」ぽいです)、コメディとしても面白いんですが、ビートルズを好きな人にはグッとくるような映像も。





キャピトルのドーナツ盤にMeet The Beatles! ガンガン売れてます。

なかにはひねくれ者の女の子もいまして



そんなのも入り混じりながら、ファンの子たちがビートルズの泊まるホテルに侵入して会いに行く、という企てを起こします。

みんなつかまってしまうんですが、運良くビートルズの滞在する部屋に辿りつけた子が



しかしメンバーご帰宅




メンバーの顔は最後まで出てきません。うまくやってます。


それぞれがビートルズに会いたいと没頭するあまり、身近な友達との信頼や愛情を忘れかけてしまうのですが、うまくいかずに喧嘩したり悩みを共有していくうちに、仲が徐々に取り戻されていきます。そして、今度は生でエド・サリヴァン・ショーを見るべく奔走。ラジオのチケット当選クイズ、テレビ局警備員への賄賂、スリ、そして売春・・・・・・そして強烈なアンチの登場。




話はそんなところにしておきまして。

再現度もなかなかの凝りようで、エド・サリヴァンのソックリさんだったり、ビートルズのショーも、顔を見せずにビートルズが演奏してるってことをうまく思い込ませてます。こちらの映画はDVD化されてないみたいです。




I Wanna hold your hand Final Show






にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村
バナーをクリックいただくと管理人にいいことが起こるそうです。

拍手[3回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

× CLOSE

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新コメント

[06/23 cartier baignoire stainless steel discount]
[06/04 montre rolex deepsea prix contrefaçon]
[06/04 bracciale repliche love cartier]
[03/26 たかゆき]
[03/14 submariner rolex occasion replique]

フリーエリア

プロフィール

HN:
いたち野郎
性別:
男性
職業:
紳士
趣味:
レコード
自己紹介:
1984年生まれ。現在の住まいは千葉県浦安市。

ブログ内検索

アクセス解析

カウンター

バーコード

忍者アナライズ

× CLOSE

Copyright © 4番、サード、いたち野郎 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]