忍者ブログ

4番、サード、いたち野郎

千葉ロックマリーンズ
MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

炎のドラマー列伝(9) Mitch Michell(Jimi Hendrix Experience)




Mitch Michell(Jimi Hendrix Experience)

最近はちょっと忙しいんで更新が滞っております。いつも様子を観に来て下さる方には申し訳ありません。

僕はフィギュア・スケートってまったく興味が沸かないんで知らなかったんですが、最近の大会で日本の小塚という男性選手が、ショート・プログラムでジミ・ヘンドリクス・エクスペリエンスの曲「Bold as Love」を使ったそうで!?いい傾向ですね(爆) ちょっと前はお囃子の曲みたいので日本を想起させるようなのばかり目立っていた気がしますが、そういう安易さに比べるとこういった挑戦の姿勢の方が観てる方も面白いのではないでしょうか。

と、そんなこんな久々の炎のドラマー列伝…消えそうで消えないこの炎の企画…冷静に考えてみると、自分はドラムを言葉で説明するのが非常に苦手だということに気付いたりする次第です。いやはや。今回はジミ・ヘンドリクス・エクスペリエンスで活動していたミッチ・ミッチェルです。その後もラマタムに加入したり、色々細く長く活動していたんですが、僕は好きなドラマーとかをどこまでも追っかけるというタチではなくて、ドラムの音は注目はするけども、やはり基本は王道志向…ドラマーとしての髄を集めたような作品もたまにはよいけども…ドラムソロが長いのとかはどうも…自分が叩く分には楽しいんですが(爆)

昨年でしたっけ?このミッチ・ミッチェルが亡くなったことで、スーパー・トリオであったエクスペリエンスのメンバーが全滅してしまったという…有名なバンドで、メンバー全員が逝去されたというのはまだ少なくて、歴史の中だけの存在になるというのは、こういう感じなんだなぁ…としみじみ思った次第です。

個人的には思い入れの深いドラマーで、自分がドラムを叩いてみたい、と思ったのは、ウッドストックのライヴを観たときでした。といってもこのビデオだとジミ以外ってほとんど映ってなかったと思います。たまにドラムがほんの少し映ると、やけっぱちな動きで叩いている姿が印象的で、ちょっと童顔で若々しいのもまたかっこよかった…スタジオ・アルバムの曲なんか聴いても、Fireの変テコなおかずは面白いし、ヘタウマかと思いきやIf Six was Nineでは爆音の中に小技を効かせたドラムソロもあって、本当はウマいんだなぁ…と思ったり…。三枚目のアルバム「Electric Lady Land」ではさらに成長していて、後ろノリのビート感を習得してサウンド全体のヘヴィさを増すのに一役買っていたり… 音楽的カリスマ性を持ちながら、極端な自意識ぶりと業界への消極さが目立ったジミと、ミュージシャンとしてはこれからだったものの、俳優経験がありエンターテイメント界には先に足を踏み入れていたミッチ… ジミをフロントに仕立てたグループでありながら、互いの足りない部分を補い合いながら、互いを成長させていった、そんな面が実はあったのかもしれない…残したアルバムはわずか三枚ながら、異常ともいえるほどの音楽的な変遷、高みへの進化…創作の頂点にあまりに早く近づきすぎたためにいち早く崩壊したバンド…

初期の一部の曲を除くと、ハイハットを使用せずシンバルのみでリズムをとる曲が多いミッチ・ミッチェル。ツーバスにこだわりがあったところなど、キース・ムーンとの共通点も多い人物だと思います。ただ、両者のおかずを出すタイミングみたいのは結構な違いがあって、ミッチは曲の拍子と違うリズムでおかずを繰り出すところが特徴的なスタイル。


ミッチ・ミッチェルのドラミング、おすすめ曲

Up From the Skies(From 「Axis; Bold as Love」)




スティックではなくブラシを使っていると思われる曲。ハイハットをリズムに合わせて踏む音が妙に気持ちよい。うるさいおかずはブラシに変えても健在。ジャズ出身のせいか(トラディショナル・ジャズか?)、ブラシを使っての音の強弱の出し方が細かく、耳に心地いい。



にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村 バナーをクリックいただくと管理人にいいことが起こるそうです(爆)



拍手[0回]

PR

Comment

好きですね〜

  • フレ
  • URL
  • 2010-02-15 21:45
  • edit
これだけロック史が長くなってもキース・ムーンとミッチ・ミッチェルみたいにロックで叩く人はいないねぇ。故に凄く好きなドラマー達なんだよね二人とも。ミッチ・ミッチェルってほんと独特だしさ、やっぱりジミが呼び戻すハズだよ。もっと色々なセッションで活躍してほしかったけどそういう面ではあまり出てこなかったのが残念。

フレさん、どうもこんばんは♪

  • いたち野郎
  • URL
  • 2010-02-17 00:39
  • edit
最近はむしろ丁寧に叩く人が増えたような?それも実力が底上げされてきている証左でもあると思いますが、それだけでは説明しきれない良さがありますね、この両者には。キース・ムーンは早くに亡くなりましたし、ミッチも前面に出る人でなかったですね…ドラムで色々聴いてみたいという人ってあまりいないんですが、ミッチは特別なとこが個人的にあります。
お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

ロック名盤シリーズ AXIS:Bold As Love

  • ロック名盤シリーズ AXIS:Bold As Love
  • URL
  • 2009/11/12(Thu) 00:10
Axis Bold As LoveJimi Hendrix (1993/10/14)Mercuryこの商品の詳細を見る クリームを手本としていたジミヘンは、このセカンドアルバムをカラフルクリーム...

ロック名盤シリーズ AXIS:Bold As Love

  • ロック名盤シリーズ AXIS:Bold As Love
  • URL
  • 2009/11/12(Thu) 00:13
Axis Bold As LoveJimi Hendrix (1993/10/14)Mercuryこの商品の詳細を見る クリームを手本としていたジミヘンは、このセカンドアルバムをカラフルクリーム...

Jimi Hendrix - Axis : Bold As Love

  • Jimi Hendrix - Axis : Bold As Love
  • URL
  • 2010/02/15(Mon) 21:46
 ジミヘン…何度目の登場だろ?やっぱ好きなのかな、っつうかこの時代の寵児だよなぁ。一番よく聴くのはもちろんファーストアルバム。で...

× CLOSE

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新コメント

[06/23 cartier baignoire stainless steel discount]
[06/04 montre rolex deepsea prix contrefaçon]
[06/04 bracciale repliche love cartier]
[03/26 たかゆき]
[03/14 submariner rolex occasion replique]

フリーエリア

プロフィール

HN:
いたち野郎
性別:
男性
職業:
紳士
趣味:
レコード
自己紹介:
1984年生まれ。現在の住まいは千葉県浦安市。

ブログ内検索

アクセス解析

カウンター

バーコード

忍者アナライズ

× CLOSE

Copyright © 4番、サード、いたち野郎 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]