忍者ブログ

4番、サード、いたち野郎

千葉ロックマリーンズ
MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

書籍 「ブラック・ミュージック入門」



「ブラック・ミュージック入門」
著者:泉山真奈美、河地依子、高見展
編集:ロック・クラシック研究会
初版:2008年
発行:河出書房
ページ数:254
定価:1900円

読みやすさ
(文章)    :★★★☆☆
(構成)    :★★★★★
読みごたえ  :★★★☆☆
初心者にも安心:★★★★☆
マニアック  :★★☆☆☆
オリジナリティ:★★☆☆☆

オススメ度  :★★★☆☆


前にエントリした「魂のゆくえ」と同時に借りた本です。その名の通り、ブラック・ミュージック入門者用の本だそうで、3人のライターにより書かれたものです。「魂のゆくえ」の次に読みました。

まず目を引くのが、構成面での分かりやすさ。まず年代で大きく3つに分け、各セクションの冒頭で年表の表示と、大まかな時代背景の話。その後少し細かくレーベルやらの話を盛り込み、あとは一気にミュージシャンを一組ずつ紹介、とあいなります。自分の読んでいるミュージシャンの項目が、どういった時代にいたかというのが頭に残りながら読み進められるといったところでしょうか。
さらに、ページの下部は本文と切り離され、文中に登場する言葉の解説や、ミュージシャンの項目では盤の紹介をするスペースに。言葉の解説のとこはそんなに珍しい単語を扱っているわけではないのですが、基本に立ち返る意味でも確認できるのはいいですね。
何よりうれしいのは、アメリカの地図が見開き2ページ使いたまに出てきて、レーベルの場所を示してくれること。自分のような地理や地図が大苦手な身としては東海岸と西海岸の記憶がイマイチなので、こうして絵で見せてくれるのは重宝します。

本文は女性が書かれているところが多く、普段見慣れている男性の文章とはほんの少し違った印象受けますね。僕は女性の書いた雰囲気というのが好きです(なんだそりゃ)。ただ、入門編という前提があるせいかもしれませんが、教科書というか便覧のような文体で、曲名やチャートや年代の数字やらデータ的なものが盛り込まれており、読み進めるのが億劫になるところもしばしば。集中して読める人には気にならないのかもしれませんが、自分はこういう形式を読むのが結構苦手です。


この編集にあたったロック・クラシック研究会というのは、他にもプログレやロックの入門本らしきものも出しているみたいですね。表紙見たらたしかに見たことあるような。たまにはそういった入門ものも、現在はどう書かれているのか少しは興味あるので、眺めてみようかどうかというところです。




にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村
バナーをクリックいただくと管理人にいいことが起こるそうです。


拍手[0回]

PR

Comment

無題

  • ポポスケ
  • URL
  • 2012-02-19 08:36
  • edit
いたち野郎さん おはようございます

これも図書館で借りられた本なのですか!
最近の図書館には意外と音楽関連の本も置いてあるものなんですね。

私も黒人音楽については「こんなことも知らないのか!」ということも平気で知らなかったりするので(笑)、このような入門本を読んでみるのもいいかもしれませんね!

無題

  • いたち野郎
  • URL
  • 2012-02-19 23:55
  • edit
ポポスケさん、コメントありがとうございます♪

ここ数年は図書館がっつり使ってますよ~! 音楽関連の本は意外と多い(大判の本が特に多いです)ですし、しかも近年発売のものがどんどん入ってきます。レココレなどの雑誌も扱ってるのがありがたいですね。

とりあえずアメリカの黒人音楽の流れは2冊読んで下地をつかめたので、ミュージシャンや周辺人物著作の本に踏み込みたいですね。もちろん、今回知った作品を聞くのと並行しつつ…。
お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

× CLOSE

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新コメント

[06/23 cartier baignoire stainless steel discount]
[06/04 montre rolex deepsea prix contrefaçon]
[06/04 bracciale repliche love cartier]
[03/26 たかゆき]
[03/14 submariner rolex occasion replique]

フリーエリア

プロフィール

HN:
いたち野郎
性別:
男性
職業:
紳士
趣味:
レコード
自己紹介:
1984年生まれ。現在の住まいは千葉県浦安市。

ブログ内検索

アクセス解析

カウンター

バーコード

忍者アナライズ

× CLOSE

Copyright © 4番、サード、いたち野郎 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]