忍者ブログ

4番、サード、いたち野郎

千葉ロックマリーンズ
MENU

ルーズゆえ光るフレーズ Moby Grape「Grape Jam」




元々、ブルース・セッションを中心としていたバンド、モビー・グレイプの二枚組セカンド・アルバム「Wow/Grape Jam」(1968)に収録されていたものですが、翌年にはそこから切り離し単体で発売されている、バンドのセッションを収めたアルバムです。
わずか5曲収録、ということで長尺なセッションを中心に組まれてますが、マイク・オールドフィールドアル・クーパーがそれぞれ別の曲でピアノで参加。同レーベル(コロンビア)という関連性もあったのかもしれません。

トム・ヴァーレインも好きなバンドの一つに挙げているモビー・グレイプ。一見、両者の間にサウンドの共通項は見られないように思いますが、恐らくあるとすれば、モビー・グレイプの気の抜けたような演奏の中で飛び出す自然かつルーズなフレーズの数々で、テレヴィジョンではそれを意識的に目に見える形で示し、ソロとなってからはその方向性も含め独自の路線を確立している感があります。
そんなわけで泥系サウンドのはずのモビー・グレイプが意外なところに影響を及ぼしているようで、そういえばモノクローム・セットのビドも好きなバンドにクイックシルバー・メッセンジャー・サービスを挙げるなど、サンフランシスコの音楽が表層的な面以外でもって面白い捉え方をされているみたい…

モビー・グレイプのこのアルバムはセッション作ということで、特にルーズな演奏が続くんですが、浮遊感やサイケという言葉もどこか違う、堕落したようなルーズさで、神経を尖らせない独特な雰囲気の前に、ゲスト参加した名手のクーパーやブルームフィールドも、手数で目立つのが精一杯、という印象。待望のスターとして大型契約しながら、このダルさでいこうという、植木等も驚きの無責任バンドぶりですが、こうした自然的な空気で胸を張るバンドが存在していなければ、その後の感性鋭いミュージシャンたちが生まれるのも危ぶまれたのかもしれない、と考えるとモビー・グレイプは実に貴重なバンドですし、彼らの摩訶不思議なフレーズの数々は時代を超えて生き残るのでは。





レーベルは目が一周してる70年代の再発盤。




Black Currant Jam


~以下、余談など~





月が激接近した瞬間を撮りました。一眼ですらない大したカメラじゃないのでこんな写真で申し訳ないですが…。周りの雲を煌々と照らす明るさに驚きました。



夜の計画停電に備え、ブクオフにて買ってきた手塚治虫の漫画「メトロポリス」を停電中に読んでいたところの最後の一コマ。太陽の黒点が増殖し、そこから発せられる放射線の影響で生まれた人造人間が自分の出自を呪い、メトロポリスを破壊する、というストーリー。原発問題で揺れ動き、その影響で停電中のさ中読みドキリとする話でした。最後は

「おそらく いつかは 人間も発達しすぎた科学のために かえって 自分を滅ぼしてしまうのでは ないだろうか?」


という締めくくり。戦後からわずか4年後の昭和24年に発表されたこの作品。まだ現場では懸命の作業が続いていますが、この現状が一度収束したとしても、疑いや検証、それに反芻といった行為を、原子力問題に限らず、何事にも、自分の余裕のある範囲でいいので、色々な面から考え、思いを巡らすことが重要だと改めて感じました。




にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村
バナーをクリックいただくと管理人にいいことが起こるそうです。


拍手[0回]

PR

Comment

モビーグレープ久々に聴くかな?

  • もりたん
  • URL
  • 2011-03-23 22:07
  • edit
おぉ!いたちさんもエクストラ・スーパームーンを激写したんですね!
明るさがいつもと違って神々しい雰囲気でしたよね~!
あの日以来、雨模様でぜんぜん月が見れてないんだけど・・(汗)

そういえば2週間くらい前の深夜時間に
サイレント映画の「メトロポリス」っていうのを放映してたんですよ。
内容はというと厳しい階級社会にて
アンドロイドの美女が労働者たちを先導して
科学都市メトロポリスを破壊するっていうSF映画のさきがけ的なお話です。
手塚先生もこの映画が好きだったに違いありませんね!
でもこのマンガのほうのがサイレント映画よりもメッセージ性があると思いますね!
サイレント映画のほうは「めでたしめでたし」な終わり方なんですけど(爆)、
このマンガの締めくくりの言葉は本当に考えさせられます。

今後、原発が新しく作られない限り、この電力不足は1年以上続くと見られてるそうで・・(゚д゚)
節電、がんばりましょうね~!

無題

  • いたち野郎
  • URL
  • 2011-03-25 03:21
  • edit
もりたんさん、コメントありがとうございます♪
メトロポリスってすごく古いサイレント映画ですよね?80年代にジョルジオ・モロダーによるリメイクで、フレディ・マーキュリーやジョン・アンダーソンらが音楽で参加してますね。でも肝心の映画の中身はリメイクもオリジナルもまだ見ていないという…(爆) 手塚治虫の漫画もやはりこの無声映画のタイトルだけ記憶にあって、メトロポリスという言葉の響きがカッコいいのでタイトルに引用したそうですw

いやーこちらは夜停電が多くて参ります…。業種によっては死活問題の方も大変多いかと思いますが、なんとか電気が回るようになるまで粘らなばならないですね~。

お水!(゚д゚)

  • もりたん
  • URL
  • 2011-03-27 02:37
  • edit
計画停電、本当に大変ですよね・・・!
夏場はもっと電力量が増えて大変になるから
ここ23区も計画停電に入るようなことをニュースで見ました。
是非そうしてもらいたいって思いますね~!
今のままは本当に不公平すぎるので・・!

ところでお水、大丈夫ですか!?
千葉の浄水場でもヨウ素が検出されたって・・・
都内でヨウ素がメッチャ高い日に、
まだ報道されてなかった時だったので
普通に水道水をコンロで沸かしてお茶飲んだんですけど
いつもとちょっと味が違ったんですよ・・
なんか味がまろやかじゃないな~って。
そしたらヨウ素が多かったというのを翌日に知って!(゚д゚)
報道するのが遅すぎる・・

ヨウ素は活性炭に吸着するらしいですね。
活性炭、ホームセンターとかでは売り切れてそうなんですが・・(滝汗)

なんとかしてこの困難を乗り切っていきましょう!

千葉の水道も…

  • いたち野郎
  • URL
  • 2011-03-27 15:54
  • edit
もりたんさん、コメントありがとうございます♪

そうなんです。千葉の自分が利用する浄水場もやはりヨウ素が検出され、乳児にはなるべく飲ませないように、とのことで…。
味も違うんですか!?一応大人は大丈夫らしい、ということで麦茶は飲んでるんですけど味の違いには全然気づかなかったです。 ペットボトルで売られてる飲料水も、採取場所や時間によってはヨウ素がないとはいえないわけで、今後はさらに混迷しそうですね…。

もはや活性炭も品薄ですか。電気関連だと、ガスボンベで発電できるホンダ製の機械があるそうなんですが、それもやはり品薄のようですね。パソコン等を使うには十分な発電ができるそうで、夏場にあれば必ず重宝するんですが…。

無題

  • ひで
  • URL
  • 2011-03-29 00:18
  • edit
モビーグレープとかクイックシルバーとか、、今聴くとちょっと辛い感じです。
聴いてる途中で寝ちゃうという…
僕の場合、自分に直接響く音では無かったけど、テレビジョン等を通して間接的な影響はやっぱあるんでしょうね。

原発問題、日頃当たり前の様に享受していた電気というモノがどういう経緯で作られ、供給されていたかを今回の事故で改めて認識したと言うか…
他人事じゃなく自分の生活の根幹に関わる問題として真剣に考えねば…と思いました。

無題

  • いたち野郎
  • URL
  • 2011-03-29 01:23
  • edit
ひでさん、コメントありがとうございます♪

実は自分も以前は聴いていると寝てしまう類で、長く聴かずにいたので、改めて聴き始めたのは最近なんです。それもやはり後世の好きなグループの発言からくるもので…この間接的な影響というのも自分の耳なりに探して気づくと面白いな~という感じです(笑)

原発周辺も収束に向かう気配が見られず、気が重い毎日ですが、それにしても停電だけでなく水や野菜と、影響力の大きさは計り知れないですね。自分の生活に目に見える形で影響しているので、これからのことも踏まえて電力問題は考えざるをえないですね。
お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

× CLOSE

カレンダー

02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新コメント

[03/26 たかゆき]
[03/14 submariner rolex occasion replique]
[01/01 SAMARQAND]
[07/03 いたち野郎]
[06/28 yuccalina]

フリーエリア

プロフィール

HN:
いたち野郎
性別:
男性
職業:
紳士
趣味:
レコード
自己紹介:
1984年生まれ。現在の住まいは千葉県浦安市。

ブログ内検索

アクセス解析

カウンター

バーコード

忍者アナライズ

× CLOSE

Copyright © 4番、サード、いたち野郎 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]