忍者ブログ

4番、サード、いたち野郎

千葉ロックマリーンズ
MENU

フレディ・マーキュリー、ピンク・フロイドを歌う










クイーン、実はボヘミアン・ラプソディのオペラ途中でフロイドを演奏していた・・・というわけではないようで。イルハン・マンスズとアイスで有名な国、トルコの盤「雲の影」です。レーベル面から察するに1978年プレス。オリジナルは1972年です、っつっても当時トルコで出たのかというとどうも怪しい…これはトルコ・オリジナルになるんですかね?1978年のフロイドなんてもうめちゃくちゃ売れてるんだから、写真間違えるなんてそんなワケないでしょって感じですが、フレディを写真に据えたのはイスラム派への懐柔策?←適当 それにしても、見ればみるほど本来のジャケとはまるで違う。このバンド名の字体も絶妙な的外れ感。



こんなフザケタしろものですが、音はなかなか面白いです。手持ちもカナダ盤なんてビミョーなとこでしか持ってないんですが、トルコ盤の方はフロイド特有の渾然一体なくぐもった音でなく、アコギや声が妙に上から鮮明に聞こえ、そしてベースやバスドラの低い響きが実に明瞭。いわゆるドンシャリ?的な。そのせいか、冒頭タイトル曲の出だしがジョイ・ディヴィジョンのようなニューウェーブ・サウンドに。
この低音の響きを鑑みて、ジャケットにハードロックを奏でるクイーンをあてがったのかもしれません。そんなわけはないか…。話のついでですが、衣装からするとシアー・ハート・アタック~オペラ座あたりでしょうか? あとはメンバーの髪の長さが判断材料(^q^) どうしてこんなミステークをおかしたのか、謎が謎を呼びますよ。

こういう別人を使ったジャケって、他にも見たことあるような気がします。ウチにもこれ以外にあった気がするんですが…。


Wots... Uh the Deal





にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村
バナーをクリックいただくと管理人にいいことが起こるそうです。




拍手[3回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

× CLOSE

カレンダー

02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新コメント

[03/26 たかゆき]
[03/14 submariner rolex occasion replique]
[01/01 SAMARQAND]
[07/03 いたち野郎]
[06/28 yuccalina]

フリーエリア

プロフィール

HN:
いたち野郎
性別:
男性
職業:
紳士
趣味:
レコード
自己紹介:
1984年生まれ。現在の住まいは千葉県浦安市。

ブログ内検索

アクセス解析

カウンター

バーコード

忍者アナライズ

× CLOSE

Copyright © 4番、サード、いたち野郎 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]