忍者ブログ

4番、サード、いたち野郎

千葉ロックマリーンズ
MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Paul Anka「The Painter」






久しぶりなのに単なるアルバム紹介みたいなのですみません。登録しているSNSでも少し書いたのですが、まー最近ハマって聞いてるレコードPaul Anka「Painter」(1976)です。

ポール・アンカについて海外のウィキペディア見たら、このアルバムがディスコグラフィーに入っていないのはどういうこと?編集盤ではなさそうですが…どういう位置付けなのかしら。

ポール・アンカはオールディーズ華やかな時代にダイアナで大ヒット、そしてマイ・ウェイを生み出した大作曲家にして大物歌手。そんなアンカが76年に出したこちらは豊潤で麗しき歌メロディ輝くアダルト・コンテンポラリーな曲群となってますが、まず目をひくのがこのジャケットで、あのアンディ・ウォーホルが描いたそうですよ。久しぶりにジャケットをしげしげと眺めながら聞き入ってしまいました。
タイトル曲はゴッホの悲哀に満ちた人生についてかいたものだそうですが、偶然とはいえその後のウォーホルの死と重なるものもあるようなないような…。

多数のミュージシャンが録音に参加していますが、ドラムでは「Petsounds」でお馴染みのジム・ゴードン、ギターにラリー・カールトンなどなどアメリカ産凄腕セッションマンがいらっしゃるようで。そして全体を通して躍動感もトラジックもぶち込みながら一連の流れを感じさせるうねりは、コンセプトアルバムの趣きもあります。最後にA①のリプリーズもあるしね。アレンジも多様だし、聞いてて飽きないです。

A⑤の終盤で流れる複数の金管楽器によるメロディ、ストリングスな寂しげメロから一転してサビではアッパー(若干やけくそぽさが漂う)になるB①、美しきインストナンバーのB②など、珠玉の作品多数です。
ちなみに、このアルバムの形でCDは出たことないぽいですね。多分。

ポール・アンカより断然に70年代が不遇の時代であったであろう、ロイ・オービソンのもこの頃のアルバムも聞いてみたいです。

A1 (You bring out)The best in me
A2 Wildflower
A3 The Painter
A4 Closing Doors
A5 Happier

B1 Living isn't Living
B2 Aldous(Instrumental
B3 I'll help you
B4 Never gonna fall in love again(like I fell in love with you)
B5 Prelude (You bring out)The best in me(Reprise)




Paul Anka「Happier」






にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村
バナーをクリックいただくと管理人にいいことが起こるそうです。





拍手[4回]

PR

Comment

はじめまして☆

はじめまして、mazuと申します。おちゃらけで音楽紹介のブログを書いてます。

実は9/29付の拙ブログ記事でポール・アンカの特集をさせてもらった際に「孤独のペインター」からの曲を載せていて、同アルバムについての過去記事を検索していて貴ブログを見つけました。

事後承諾ですみませんが、拙ブログ記事内でリンクを張らせていただいています。

ぜひお立ち寄り&お立ち聴き(YouTube音源を載せています)下さいませ☆

無題

  • いたち野郎
  • 2014-11-06 23:42
  • edit
mazuさん

コメントが大変遅れて申し訳ありません(゜o゜;

リンクありがとうございました!こちらでもリンクさせていただきます。よろしくお願いします。
お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

× CLOSE

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新コメント

[06/23 cartier baignoire stainless steel discount]
[06/04 montre rolex deepsea prix contrefaçon]
[06/04 bracciale repliche love cartier]
[03/26 たかゆき]
[03/14 submariner rolex occasion replique]

フリーエリア

プロフィール

HN:
いたち野郎
性別:
男性
職業:
紳士
趣味:
レコード
自己紹介:
1984年生まれ。現在の住まいは千葉県浦安市。

ブログ内検索

アクセス解析

カウンター

バーコード

忍者アナライズ

× CLOSE

Copyright © 4番、サード、いたち野郎 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]