忍者ブログ

4番、サード、いたち野郎

千葉ロックマリーンズ
MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

後発的にクイーン流 Sweet「Give Us a Wink」




US盤、ギミックジャケット

Sweet「Give Us a Wink」(1976)

60年代のデビューながら、初め3年ほどはほとんど売れなかったらしいイギリスのグループ、スィートですが、グラムロックの隆盛に乗っかった70年頭あたりからシングルヒットを連発。AC/DCという名前の曲も残していますので、ハードロック界への影響力の強さも大きいんじゃないでしょうか。多分このアルバムは4枚目にあたるんじゃないかと思いますが、ジャケットはフロントは目の部分、後ろも一部カットされているギミック仕様なアルバムです。ランクをみると、意外や意外なことに、イギリスでチャート・インしてないようで…?というか、ほとんどのアルバムがランク・インしたことがないようです。その変わり他の西側ヨーロッパ諸国ではかなりの売れ行きだったみたいです。もちろん、日本でもそれなりの人気を得ていたのでは。

アップテンポ且つ変幻自在な頭の曲「Action」に象徴されるように、ギターを飛び道具的に使いながら、ハイトーンなバックコーラスが被さる、というパターンが多く、ノリの4つ打ちな感じの曲も多い印象です。ドラムもシンバルをとめる手法が多く、これもちょっとクイーンぽさアップ。 でも何よりもギターの音の重ね方やリフの出し方がクイーンを参考にしている感じがします。 それまではもう少しシンプルなサウンド作りをしていたんじゃないかと思います。このアルバムは1976年の登場、ということでクイーンは華麗なるレースを出した年。クイーンの音作りを参考にしたアルバム作りを目指したんじゃないかという妄想。ちなみにプロデュースはスィート名義。

このアルバムでは、随所でシンセサイザーが多用されていますが、クイーンと言えばノー・シンセサイザー。それにクイーンの場合はギターもエフェクターで別の音をつくることもあまりなく、そのあたりが音の厚さや重さとして両者の差異が出ているような気がします。なんてひいき丸出しなことを書きましたが、メロディは面白いし演奏もうまくて聴きどころありなアルバムだと思います。



Action




Yesterday's Rain





にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

拍手[0回]

PR

Comment

無題

  • Pandaboy
  • 2011-02-09 12:20
  • edit
ポップでヘヴィでキュートでハードっていう、珍しいタイプのバンドでした。
もともとはイアン・ギランとかロジャー・グローヴァーなんかと組んでいた人達が、グラムになり、ティニーホッパー向けアイドルバンドになり、そんな色んな修業を積んでこういう音に落ち着いたんですね。
だから、誰にでも分かりやすい曲を歌う割には、演奏の実力は相当なものでしたし、実際、彼らのライブを観たピート・タウンゼントが、そのステージを絶賛したという話もあります。
後にはダムドなんかも彼らの曲をカヴァーしてるし、ハードロック勢以外にも沢山のフォロワーを持っています。
バンドはこの後、ディスコだったりAORに色目を使って、また別な方向に行ったみたいですが、ハードロック期のこのアルバムだけは、聴いて損のない名盤と言えると思います。
僕も大好きなアルバムで、思わずコメントに力が入りました。

無題

  • いたち野郎
  • URL
  • 2011-02-10 01:18
  • edit
パンダさん、移籍後のコメントありがとうございます♪

クイーン目線で書いてしまったのでアルバムについてのことが疎かになってしまいましたが、本当演奏がうまくて、前にyoutubeか何かで70年代のライヴ観たんですが、もともと速いナンバーを更にスピード上げてやってて、客の歓声がハンパじゃなかったです。グラムは意外と下積みが長めのバンドが多い気がします。ボウイ、Tーレックス、スレイド、モット… ピートやダムドと、時代がそれほどリンクしないところから評価があるというのもバンドの影響力を物語りますね。

昨日はかなり久しぶりにかけたんですが、曲の流れとか全部憶えてました…やっぱり最初買ったときに気に入って、長い間かなり聴いてたんだと思います。単に耳障りがいいだけでなく、裏打ちされる演奏力が伴ったからこその良さがまた重なるという…

と、自分もエントリ時以上に力の入ったコメントになってしまいましたが、これもパンダさんのエントリを補完してくれるようなコメントとの相乗効果のおかげですので、是非またコメントをお待ちしております。

無題

どうも、相変わらず読み応えのある記事ですね♪
俺もSweetは大好きなバンドです。
同じグラムロックでもSladeとかよりはちょっとタイプの違うバンドですよね。
パワーポップ感満点で、パイロットとかと同じ感覚で聴いています。
コーラスも実に愉快でテンション上がります(笑)。

無題

  • いたち野郎
  • URL
  • 2011-02-11 00:38
  • edit
ryoさん、コメントありがとうございます♪
sladeはもっとお笑い路線というか、陽気さのベクトルがちょっと違うという印象ですが、sladeも下積みが長く、演奏うまいですね。aliveとかのライヴ盤でもお客さんを巻き込む感じで、長く演ってきたうまさみたいなものを両方に感じます。

たしかにパワーポップという括りにも入るかもしれないですねぇ…グラムロック時代のバンドはロックンロールを下地にした曲も多いからいわゆるパワーポップなサウンドの宝庫かもしれないすね♪
お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

ロック名盤シリーズ Sweet

  • ロック名盤シリーズ Sweet
  • URL
  • 2011/02/10(Thu) 00:38
Funny How Sweet Co-Co Can BeSweet (2005/01/17)Bmgこの商品の詳細を見る Desolation BoulevardSweet (1999/05/03)Rcaこの商品の詳細を見る Give Us a WinkSweet (2000/05/30)Msiこの商品の詳細を見る ...

× CLOSE

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新コメント

[03/26 たかゆき]
[03/14 submariner rolex occasion replique]
[01/01 SAMARQAND]
[07/03 いたち野郎]
[06/28 yuccalina]

フリーエリア

プロフィール

HN:
いたち野郎
性別:
男性
職業:
紳士
趣味:
レコード
自己紹介:
1984年生まれ。現在の住まいは千葉県浦安市。

ブログ内検索

アクセス解析

カウンター

バーコード

忍者アナライズ

× CLOSE

Copyright © 4番、サード、いたち野郎 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]