忍者ブログ

4番、サード、いたち野郎

千葉ロックマリーンズ
MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

David Bowie「The Man Who Sold The World」

実にご無沙汰しております。相変わらず映画を見続けているので、ついつい音楽関係のこちらは疎かになりがち…10月に1度も更新していないのに気づき、月末に書こうと思ったところ、日付が変わると11月になるのに気づかず。失望の果てにさらに1日経ちこんにちに至ります(爆)
せっかくなので映画と使用されている音楽に絡めたことでも書きたいのですが、それはもう少ししてからで。実はレコード自体は買ったりしているので、その中から一枚チョイス。


David Bowie「The Man Who Sold The World」(米盤・1970)

実は長い間このアルバム持ってませんでした。ずっと前に国内盤のありきたりのを持っていたのですが、中学くらいのときに聴いてあまり良いと思わなかったらしくうっちゃらかしていたようです。
何度か聴いてきたのをまた買うというのはなかなか実現しないもので見送ってきたのですが、近年自分の中でボウイ熱が高まってきたのもあり、とりあえず米盤のオリジナルを購入しました。ベッドで寝てるジャケは高すぎるのでこの辺りで手を打つ、と。
英国よりも先に発売されたのが米国でしたが、このジャケに色々いわくつきの話があったのは有名ですね。なんでも男のふきだしには、当時精神病院にいたボウイの実兄を示す言葉が入っていたとかで、ボウイが差し止めを要求したらしくほとんどの盤のジャケがふきだしのセリフを消されたもの。しかし流れてしまったごく一部に希少価値が付けられたとか。

基本的には前作「Space Oddity」の延長的なサウンド? ついタイトルにつられて荘厳なイメージ漂っていた前作。このアルバムも大胆なタイトルですが内省的に感じるのはフォーク風味を引きずっているからでしょうか。デラムでの1枚を除き、僕の中では「Ziggy Stardust」までのボウイバンドのサウンドは雑な印象なのですが(音がキマってないという風な意味で)、Space...や本作は即興的な側面が強いんじゃないかと思わせるような、必然的な雑さに思えます。後年のZiggy...はあらが目立つ、という風な…。「Hunky Dory」はその中間というような。どちらが良い悪いではなく、あくまでイメージの問題です。実際、space...と本作はわりかし長い曲も多いですし…。

改めて聴いても、当時とっつにくくかった時の記憶が蘇るようです。ボウイ作品の中でも特にアンダーグラウンドな香りが漂うつかみ所のなさ。平坦な音の中にじわじわと強まるような情熱は、若さの特権という感じもします。タイトル曲は比較的親しみやすいのに、これもひたすらダーティ!  近年のライヴ・サウンドのシステムをもってしても豪華絢爛になることを許しません。当の本人はちゃっかり手拍子を求めてますが。





余談ですが、今聴いていたら針が溝にうまく乗っからずそのままノイズだけ出てしまう箇所が…。早速前に買ったクリーナー使いましたが、なおった上に音もハッキリしました。ありがたや。



 

 





にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村
バナーをクリックいただくと管理人にいいことが起こるそうです。

拍手[0回]

PR

Comment

ボウイ様のジャケ!

  • もりたん
  • URL
  • 2011-11-04 02:02
  • edit
こういうジャケがあったとは初めて知りました!!
なんというトホホなジャケだろ~(^^ゞ
しかも吹き出しにはそんな危ない言葉が!?Σ(゚Д゚;)
ボウイのことを売り込もうとするために
わざとキワドイ言葉を入れてしまったんでしょうかね。
ヒドイです~!('A`)

この「世界を売った男」、私の中ではボウイ作品で一番大好きな作品だったりします。
まだジギーのときのように洗練されてなくて
アングラなところがまさに私好み!
全体的に漂う気だるく陰鬱な空気感も良いですね~♪

私的・ボウイ様作品ナンバー5です(^^ゞ
1.世界を売った男
2.ジギー
3.スペースオディティ
4.ハンキドリー
5.ダイアモンドの犬

こんな感じですかね(*´∀`*)

無題

  • いたち野郎
  • URL
  • 2011-11-04 03:05
  • edit
もりたんさん、コメントありがとうございます♪

意外なことに、先にアメリカでこのジャケで販売された時、ボウイ本人からイギリスでもこのジャケで売ってほしいという希望があったそうです!
そして説明不足で申し訳なかったのですが、ボウイ自身が吹き出しに兄についてのセリフを決めたそうですが、精神病院に入院していることが広まってしまう懸念を後からいだいて削除要請を出したんだそうです…。その兄はその後自殺されたらしく、90年代にjump they sayという曲でそのことを歌っているようです。

自分の中でのボウイ5枚選ぶのは難しいですね! といっても長くこのアルバムを聴いていなかった体たらくですが…(爆)
ジギーとピンナップス、スケアリー・モンスターズはとりあえず入りそうです( ゚∀゚)ノ

無題

  • ひで
  • URL
  • 2011-11-05 20:49
  • edit
私が持ってるのはごくありふれたモノクロ片足上げジャケです。
最初聴いた印象は地味ですが、後からジワジワ来る感じ?
この後のジギー、グラムロックの音の片鱗が感じられますね。
私もわりと好きなアルバムです。

精神病のお兄さんは…そういう結果になってしまってたんですね…
タイトルの「世界を売った男」も兄の事かな?

そういえばニルバーナのカートもライブでこの歌をカバーしてましたね。

無題

  • いたち野郎
  • URL
  • 2011-11-06 02:13
  • edit
ひでさん、コメントありがとうございます♪

ここのところほぼ毎日かけているのですが、不思議とジワジワきますね。やはりボウイの中毒性は恐るべしです。

ニルヴァーナのカバーはアンプラグド(?)で演奏しているものを観たことがあります。カート・コバーンの最期は自殺でしたし、曲のテーマというか、通ずるものがあったんでしょうか。
お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

× CLOSE

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新コメント

[03/26 たかゆき]
[03/14 submariner rolex occasion replique]
[01/01 SAMARQAND]
[07/03 いたち野郎]
[06/28 yuccalina]

フリーエリア

プロフィール

HN:
いたち野郎
性別:
男性
職業:
紳士
趣味:
レコード
自己紹介:
1984年生まれ。現在の住まいは千葉県浦安市。

ブログ内検索

アクセス解析

カウンター

バーコード

忍者アナライズ

× CLOSE

Copyright © 4番、サード、いたち野郎 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]