忍者ブログ

4番、サード、いたち野郎

千葉ロックマリーンズ
MENU

100円コーナーの至宝 Tears for Fears「Seeds of Love」




相当久しぶりに新品レコード買いました。何年ぶりだろう。しかも2枚。写真のモノなんですけど、今回は左側のややニッチなJosef K幻の1st(と付録に前身グループのCD)ではなく、右側の有名なTears for Fearsのこのアルバムで。
 
ブクオフ100円コーナーを代表する珠玉の一枚、だと思ってます。一応褒め言葉だよ…。あのモービルから最近出たレコードってことで、そういえば新品でモービル盤買うって初めてです。モービル盤といえば高音質と評判で、中古で出てるとやたら高騰してるイメージですが、ちゃんと正規で買えば普通の値段で買えます…でもCDなら100円で、ね。
 
このアルバムは89年発売ってことでリアルタイムではないですが、十数年くらい前にそれこそタダみたいな値段で買ってからお気に入りで、もうボーナストラックの入ったCDになっててすごい長いアルバムだなーと感じました。70分くらい入ってたのでは? それがようやくレコードの形で聞けて、曲順の意図を汲み取ることができたってわけです。
 
手持ちのCDは正直音がそんなよくないと思ってたんですが、このモービル盤ではその不満が一気に解消されたってくらい良く感じました。音はフラットな印象を持ってるんですけど、今回のレコードは手持ちCDに比べ程ちゃんと入る低音、明るさの増したサラウンドってな具合で、日々聞いてます。好きな作品を良い音で聞き直すってのは楽しい。

 



Tears for Fearsは英国NW勢の中では孤高の存在というか、ソングライティングのセンスがずば抜けて高かったと思います。プロフェッショナルでも素人でも、誰もが一発当てるチャンスのあった混乱の80年代。音楽のるつぼとなっていた時代のただ中にいながら、確かな存在感を示していたんじゃないでしょうか。しかし、その研ぎ澄まされた曲群は自意識の高さゆえ生み出されたものと言えるかもしれません。プレッシャーとメンバー間の不和から、作曲やスタジオワークに非常に長い時間を費やす日々。諸刃の剣とも言える過敏な感受性を持っていたのだと思います。
 
グループの中心人物だったローランド・オーザバルカート・スミスは、2人とも離婚家庭での成長を経て青年時代に出会ったというのもあり、彼らの育まれた環境が内省的な歌詞に反映されているという話もあります。今の時代、日本でも離婚はそう珍しくないことですが、子どもの年齢や環境によっては大きな影響を及ぼすのは想像に難くありません。我が家も小さい時にそうした話が何度かあって、問題が表面化したときってのは自分の気持ちに暗い影を落としたのを覚えています。
 
そんなわけでどんなわけで、彼らの内面の叫びや悲しみを最も反映させた1st、その路線を踏襲しつつ、時代の音を意識した2ndは世界中で大ヒット。背負ったプレッシャーに惑い、約4年の沈黙を経て製作されたのがこの「The Seeds of Love」です。
 
これまでの路線とは決別し、ジャズやブルースへ大胆に接近。大勢のゲスト・ミュージシャンを迎え、エレポップから豪華絢爛な生々しいサウンドへと昇華。ミュージシャンとしての才能を遺憾なく発揮できたアルバムだと思います。
 
特に有名な曲はやはり「Sowing the Seeds of Love」で、The Beatles風の楽曲を壮大に演じた名作。ここでの音は、94年にThe Beatlesの新曲として出た「Free as a Bird」にも少なからぬ影響を与えていると思います。
そして、ブリットポップを予感させる要素もありますよね。ただ、その後あまたのバンドが発表したThe Beatlesらしさの出てる曲たちよりもずっと洗練されてるし、彼らが内なる叫びを吐き出してきた結果、新たな境地で自分たちの人生を引き受けたような重みがこの曲にはあって、新しい波の萠芽であると同時に、最高の作品でもあるんじゃないかと思います。愛の種を蒔く…。
 
ちなみにモービル盤は2作目「Songs from the Big Chair」も出てるってことで、このLPが良い感じだったので2作目もいこうかなーと思います。



Sowing the seeds of love

プロモがまた良いんですが、消されたみたいです(^_^;)
出だしが「母ちゃん、許して」に聞こえる、気がする。




にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村
バナーをクリックいただくと管理人にいいことが起こるそうです。

拍手[1回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

× CLOSE

カレンダー

02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新コメント

[03/26 たかゆき]
[03/14 submariner rolex occasion replique]
[01/01 SAMARQAND]
[07/03 いたち野郎]
[06/28 yuccalina]

フリーエリア

プロフィール

HN:
いたち野郎
性別:
男性
職業:
紳士
趣味:
レコード
自己紹介:
1984年生まれ。現在の住まいは千葉県浦安市。

ブログ内検索

アクセス解析

カウンター

バーコード

忍者アナライズ

× CLOSE

Copyright © 4番、サード、いたち野郎 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]