忍者ブログ

4番、サード、いたち野郎

千葉ロックマリーンズ
MENU

ライヴ映画「Queen Hungarian Rhapsody Live」



毎年フレディ・マーキュリー命日に更新してきたんですが、今年は前日の23日に更新したつもりだった一つ前のエントリがちょいとずれて24日に・・・ナンテコッタイ というわけで遅くなりましたが、せっかくなのでその24日から映画館で封切りされている「クイーン ハンガリアン・ラプソディ」なるライヴ映像を見てからの更新となりました~。

見に行ったのは11月下旬某日、新宿のとある映画館。東京の映画館行くのってめちゃくちゃ久しぶりです。130人ほど座れるとこでしたが、10人いたかどうか(爆) やはり女性多いですね~僕よりかなり年上ですけど。

多分これと同じ内容と思われるDVDが12月中旬に出るみたいです。でも定価が高い…4800円。2枚組のSHM-CDとの豪華セットてのもあって、8000円…ひえー。輸入盤はずっと安いのが出てます(リージョン等お気をつけを!) 。

そもそもこの映像は何かっつーと、クイーンのラストツアーとなった1986年マジックツアーで回った国のひとつ、ハンガリーはブダペストでのライヴ映像の模様が収録されたものです。
当時のハンガリーといえば共産圏の国ですが、よく知りませんけど混合経済取り入れるくらいな立場だったもんで大きなスタジアムでのライヴが実現したとか。我ながらひどい説明。
当然バンドとしても初上陸の地となるんですが、クイーンというバンドは非常にフロンティア精神が強い。収益がほとんど出ないにもかかわらずハンガリーを選んだのは、ドキュメンタリーでのインタビューを総合すれば、”スリルが生まれる”ってことなんでしょうか。「Radio Ga Ga」でどういう反応をするのか、「Love of my life」を一緒に歌ってくれるのか、などなど。長いツアーの中に組み込むことで、大きなやりがいを見出しているのかも。
 
ライヴの方は当時ハンガリー側が用意した10台を超えるカメラで撮影され、東欧圏で上映されていたものだそうです。以前VHS等で出ていたものに比べ、映像も音もめちゃくちゃ良いです。多数のカメラを使っただけあって、色んな角度からの映像がバンバン出てきて…。
演目はこのツアーお馴染みのものですが、一曲ハンガリーの民謡を披露してます。これを歌った時の観衆の反応がものすごくて、この日一番の盛り上がりだったと思います。プレッシャーのかかることも、とことんやってのけるサービス精神もクイーンならではですね~。
 
僕はマジックツアーの頃のクイーンのライヴが好きで、ライブバンドとしては最高の時期。本人たちも大観衆の前で演奏する意義を肯定的に見ていて、斜に構えない躍動的なパフォーマンスは何度見ても気持ちい良いですね。このライブでは「I want to break free」のギター・ソロの出だしを少しトチったらしく、フレディが笑ってます。
 
彼らのインタビューを見ていると、変に個性的になろうと頑張らなくて良い、ありのままで楽しもう、みたいなことを言ってるように感じられて、昔からそういう発言があんまりロック・ミュージシャンぽくないけど、そこが良いなぁと見ていたんで、久しぶりにノスタルジーに浸りました。そういえばこういう人たちだったなぁと…。ライヴの随所でわたくしゃ涙ものでした。
まだ上映しているところもあるので、興味のある方はぜひ!
 
そんなわけでDVDも買おうかな~輸入盤で(爆)









にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村
バナーをクリックいただくと管理人にいいことが起こるそうです。

拍手[1回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

× CLOSE

カレンダー

02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新コメント

[03/26 たかゆき]
[03/14 submariner rolex occasion replique]
[01/01 SAMARQAND]
[07/03 いたち野郎]
[06/28 yuccalina]

フリーエリア

プロフィール

HN:
いたち野郎
性別:
男性
職業:
紳士
趣味:
レコード
自己紹介:
1984年生まれ。現在の住まいは千葉県浦安市。

ブログ内検索

アクセス解析

カウンター

バーコード

忍者アナライズ

× CLOSE

Copyright © 4番、サード、いたち野郎 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]