忍者ブログ

4番、サード、いたち野郎

千葉ロックマリーンズ
MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

劇場版「ドラえもん、のび太の人間の証明」

つい先日、ジョー山中さんが肺がんのため64歳で亡くなられたそうです。

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011080700076

フラワー・トラベリン・バンドを経て、1977年にソロとして同名映画の主題歌を担当した「人間の証明のテーマ」が大ヒット… 自分がリアルタイムで見る機会は少なかったのですが、毎年年末に行われるニューイヤーロック・フェスティバルの映像で歌う姿を見たりしてました。上海でも同時開催された時があって、自ら上海に赴いて歌っている姿も印象的です。

で、この「人間の証明」というのは角川映画で、推理小説を元にした映画なんだそうですが、映画の映像やテーマ曲などを見ているときにあることに気づきました…。
この映画には有名なセリフがあって、その内容が

「母さん、僕のあの帽子どうしたでせうね ええ、夏、碓氷峠から霧積へ行くみちで 渓谷へ落としたあの麦藁帽ですよ…」

というもの。これはジョー山中歌うテーマ曲でも英語で歌われています。元は西條八十の詩だそうですが…。

どこかでこのセリフを見たことがあるなー、と思い、そして思い出しました。


↑クリックすると拡大されます

さすが映画ネタに敏感な藤子F先生! この漫画で麦わら帽子なんて言葉が出るのはここくらいだな、と思ってはいたのですが、うーむ、これは「人間の証明」が元ネタと考えて間違えなさそうです。映画の方は1977年10月公開、この漫画は1978年3月が初出。 ちなみに、この漫画のお話は「あの日あの時あのダルマ」という話で、超感動巨編です。こんなコマが出る割には。
藤子F漫画は映画のパロディが色々あるのですが、ドラえもんでもこんなモロに使っていたとは。まだまだよく探せばあるかもしれません。


実は、ジョー山中さんの訃報が入ったほぼ同日、ドイツのミュージシャン、コンラッド・シュニッツラーさんも亡くなられたとのこと。74歳。

http://www.fancymoon.com/mrs/index.php?e=291

自分が思った以上の年齢でした。タンジェリン・ドリームやクラスターの初期メンバーでもあったシュニッツラー。電子音を操り、束縛を受けない自由なパレットで真摯に混沌とした音を紡いでいく様は、ドイツ音楽に付随する独特で知性的なイメージをもたらしたように思います。

お二人のご冥福をお祈りします。
















にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村
バナーをクリックいただくと管理人にいいことが起こるそうです。

拍手[2回]

PR

Comment

無題

  • もりたん
  • URL
  • 2011-08-15 00:01
  • edit
ジョー山中の訃報…!
私もこの日はフラワートラベリンを聴いて追悼しました…!

ところで、まさかのドラえもんですね!(笑)
たしかに映画の影響と思います!
あの映画はビッグヒットだったし…
あの時代は映画でも音楽でもドラマ、CMでさえもビッグヒットになると
1年くらいフィーバー(笑)が続きましたから…
まだ小学生だった私らさえもあの台詞を真似してましたよ(笑)

無題

  • ひで
  • URL
  • 2011-08-16 08:22
  • edit
「人間の証明」…角川映画が全盛期だった頃の映画ですね〜
当時はたしか中学2年生だったかな?
麦わら帽子のこと、ストローハットっていうんだ…英語の勉強にも貢献しました。

内容は戦後の混乱期から話が続いてる様な、結構暗い感じだったと思います。ジョーの歌も印象的でしたね。
そうそう、ドラえもんのこのネタ覚えてますよ。弟が全巻揃えてましたからね。

…ご冥福をお祈りします。

無題

  • いたち野郎
  • URL
  • 2011-08-16 14:31
  • edit
もりたんさん、コメントありがとうございます♪

小学生でも真似するほどの大ヒットでしたか~! 相当流行ったセリフなんですね。
ドラえもんの他のセリフで「100円でどら焼きは変えても、どら焼きで100円は買えません。あしからず」というのがあって、これも当時流行ったポテチのCMのパロディらしいんですよ。 今は映画やCMもあまり日常に浸透しなくなりましたね。自分が知らないだけで、小学生とかの間では何か流行ってるなかもしれないですが…(笑)

無題

  • いたち野郎
  • URL
  • 2011-08-16 14:38
  • edit
ひでさん、コメントありがとうございます♪

角川映画という言葉を最初に知ったのは、自分が子どもの時に角川の社長が逮捕された時でした。テレビで盛んに角川映画の映像を流していて…。

弟さんがドラえもん全巻だったとはすごいですね!ウチも結構あったんですが、捨てたのかどうしたのか、ほとんどが見つからないんですよね。結局、今は最近刊行されている全集シリーズでたまに買ったりしています。

昭和の生き証人です(爆)

  • もりたん
  • URL
  • 2011-08-19 21:50
  • edit
>100円で○○は買えるけど
>○○で100円は買えません。あしからず。

これはカル○ー・ポテトチップスが、なんと「新発売(笑)」されたときのCMの台詞です!
CMはまだ中高生くらいだった藤谷美和子が出演してました!
昭和50年=1975年のことです(遠い目)
新発売したばかりのポテチを初めて食べたとき軽くカルチャーショックでした!
当時のお菓子では他に類をみないほどの美味しさにビックリ仰天!
これはご馳走だと思いました(笑)

無題

  • いたち野郎
  • URL
  • 2011-08-20 15:11
  • edit
もりたんさん、再コメありがとうございます♪

ということは、ポテチの初代CMてことですか! 今でもみんな食べてますもんね。当時からこの味なら、どうりで売れるわけです(笑)
でも75年頃ですか~。もっと前からあるお菓子だと思ってましたよ。
お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

× CLOSE

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新コメント

[06/23 cartier baignoire stainless steel discount]
[06/04 montre rolex deepsea prix contrefaçon]
[06/04 bracciale repliche love cartier]
[03/26 たかゆき]
[03/14 submariner rolex occasion replique]

フリーエリア

プロフィール

HN:
いたち野郎
性別:
男性
職業:
紳士
趣味:
レコード
自己紹介:
1984年生まれ。現在の住まいは千葉県浦安市。

ブログ内検索

アクセス解析

カウンター

バーコード

忍者アナライズ

× CLOSE

Copyright © 4番、サード、いたち野郎 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]