忍者ブログ

4番、サード、いたち野郎

千葉ロックマリーンズ
MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

お初のThe Peel Sessions & 中村とうようさん死去

先日、初めてThe Peel Sessions Seriesを一つ入手しました。






Robert Wyatt


よく見かけてはいるモノだったのですが、大抵の場合値段がそこそこ、しかも45回転なので収録数が少ないためずっと敬遠してきました。 ちょっと安い感じで売っていたRobert Wyattでようやく決意。

イギリスが生んだ名物DJであるジョン・ピールが進行を務めたBBCのラジオ番組用のセッションを収録したシリーズだったと思います。87年のこのRobert Wyatt(録音は1974年頃)の盤ですでに品番が37。このセッションはジョン・ピールが亡くなる数年前まで行われていたようで、その数は膨大なものとなるそうです。ちなみに、ピール・セッションに最初に参加したアーティストは意外にもキース・ウェスト、トゥインクらのいたTommorowだそうです。

さすがちゃんとラジオに流すものとして録られただけあって、音はバッチリ、45回転なので聴こえも良いです。当然スタジオとはまったく別のライヴ収録。収録曲はSoup Song, Alifib, I'm a Believer, Sea Songとなっています。I'm a Believerはモンキーズのカバー。

このアナログ時代のシリーズをまとめたCDとかないのかな、と思っているのですがどうなんでしょう。90年代以降でセッションに参加したミュージシャンが単独で出したようなものは結構見つかるのですが。まとめたCDを一枚置いておいて、あと本当に欲しいミュージシャンのだけは盤で拾っていきたいな、とかなんとか思っています。

------------------------------------------------------------------------------------------------

昨日は中村とうようさんの死去、しかも自殺の可能性が高い、という驚くべきニュースが舞い込んできました。
銀行員を経て自ら立ち上げた音楽雑誌の編集長、音楽評論家へ転身という異色の経歴の持ち主で、ロックから始まった評論活動は幅を広げ、世界各国の土着的な音楽にまで視点を向けてきた人物でした。
実は、自分はニューミュージックマガジンは世代的にも通ってませんし、続くミュージックマガジンも買ったことがありません。値段が高いので敷居が高いと感じてました。近年は日本のミュージシャン特集が主でしたし…。ただ、ミュージックマガジンから刊行されていたレコード・コレクターズは数年の間読んできましたが。
中村とうよう氏といえば新作アルバムに点数を付けた辛口評価、なんてのは自分にとって聞いたことがある程度のことでした。そのせいか、自分の中では中村とうようといえばワールド・ミュージックの人、という印象が強く、エレクトロニック以外の世界の存在、そしてその壮大さを描く。そんな人物に捉えていました。
そんなわけで中村とうよう著で読んだものはどれもポピュラー音楽周辺のものばかり。取り上げる幅が広くなるせいか、教科書的に順を追って書かれる内容はすぐに頭に残るものではありませんでしたが、知識の深さと、広大に及ぶ地域の音楽をまとめていく書き方は素晴らしいものでした。様々なロックの地域性と通底するものが彼の本には記されていましたし、そこで紹介されるアルバムを見つける楽しみもありました。



あと2,3冊くらいは手元にあったはずなんですけど…。ご冥福をお祈りします。





拍手[0回]

PR

安めにレアレコを聴く V.A.「The Dawn Take-Away Concert」







「The Dawn Take-Away Concert」(1971)

ちょい前のものですが…。トラディショナル・フォーク系などのマイナー・アーティストの宝庫、Dawnレーベルのコンピレーション盤。1971年当時の作品からチョイスされたものみたいです。収録アーティストは以下のとおり。

Mungo Jerry/John Maclaughlin/Bronx Cheer/Mike Cooper/Trio/Heron/Paul Brett's Sage/Be-bop Preservation Socicety/Jackie Mcauley/Comus/Atlantic Bridge/Demon Fuzz

と、いうわけでレコ界では高値のつく名だたるグループばかりで、当時の盤で、しかもDawnレーベルからの正規版ということで、準オリジナルの形でアルバム曲を聴けるという仕組みです。Demon Fuzzなど一部の曲はアルバム未収録のシングル曲のようです。

特にTrioはジャケがものすごい&Chick Coreaも参加したらしいConglagrationからのフリー・ジャズ・ナンバーやこれまたジャケが人気のComusのファーストからも長尺な曲が収録されていて、この辺りにはレーベルも期待するものがあったのかもしれません。

とにもかくにも、このレコードは安価にレア音を楽しめるのと、見開きの中の写真が珍しいてのもよろしです。ちなみに、タイトルにコンサートとついていたり、表ジャケもパンフレットのようなデザインになっていますが、ライヴ盤ではありません。CDは出ていないようですが、Get backからアナログ再発で出ているようです。












もうちょいおとなしめの曲を探していたんですが見つからなかったので騒がし系を3つ上げます。









トリオのこのアルバム、今?の紙ジャケでは「コンフラグレイション」と帯にタイトルついてますが、当時のは直訳でかっちょいい名前がついていたはず。失念しましたが…。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村
バナーをクリックいただくと管理人にいいことが起こるそうです。

拍手[0回]

フォーク風で重く無機的 Comus「To Keep From Crying」





クイーンネタをあと4,5回は続けようとしたものの、載っける予定だったのがなぜか見つからないという悲しい目に遭いまして撤退とあいなりました。 そんなところでなぜかComus、まぁクイーンとは近くはないけど雰囲気は遠すぎることもない…といっても、クイーンは元来聴き捨てて結構、と本人が言うようなポップス肌なので、やはりComusはそれとは違う異境のバンドということなのか…

イギリスのアングラなフォーク界では代表格の一つかもしれないComus…コーマスという女性ボーカルをフィーチャーしたグループ。最初のアルバムはDawnレーベルから1971年に出たのですが、このTo Keep from Cryingというセカンドアルバムはなんとそれから約3年経っての1974年の登場。レーベルもVirginに移った…というわけで、同じレーベルのHenry CowGongといったバンドのメンバーも参加しているみたいです。

Comusはフォーク的なサウンドとはいえ、トラディショナルな面はさほど感じない曲が多く、そういう意味では無国籍である種無機的な演奏をするHenry CowやGongとの絡みは必然なのかもしれません。ただ、ジャケが強烈なファーストアルバム「First Utterance」がバイオリンとかフルートの甲高く強烈な音とかで混沌としたダークな世界観をこれでもか、と色塗っていたのに対し、このセカンドアルバムではそういった飛び道具的なサウンドは潜め、無感情の世界を押し広げているような印象。ファーストと比べるとなると、色濃さのあるファーストに比べると立体感がなくイメージの沸き方は弱いかもしれませんが、その徹底した他との差異化、前作からの進歩的な脱却が個人的にはかなりグッとくるポイントアップ。メロディもやっぱり暗いんですけど、わずかに香らせる哀愁感もタイミング良くて、そういうフォーク・ロック的なワビサビの範疇の中でこれだけ無機質さをアピールできてる盤という意味では孤高のアルバムかもしれないです。
しかし、そんな突き詰めるような理想を掲げたグループが長持ちするはずもなく、この二枚目のアルバムを残しグループは解散。商売気のない人たちはこうして荒野に戻るのでありました。しかし高評価の声を受けてか、2008年に再結成されたそうです。

ちなみにレコもあるにはあるのですが、これが日本盤のジャケも刷られていないサンプル盤…。



じゃなくて、ってくらい似てるんですけど



まぁどのサンプルもこんな感じなんでしょうか…。





という感じの作り。世に数枚とないサンプルなんだから…



みたいな驚きを持って迎えられたいところですが、てか小学生がなんで皆切手に詳しいんでしょうこのコマは。
実際は謎のリサイクル屋に訳もわからない感じで置かれていたのを拾ったもの…。これがビートルズなら話は違うんでしょうけど、そうでなければジャケも真っ白だわライナーもないわ、サンプルだから音がいい、なんてこともB級バンドの場合はたいして関係なくて(しかも日本盤だし…)、既製品と交換してくれる人がいるなら交換して欲しいくらいです!(ただし海外盤に限る)





にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

拍手[0回]

後発的にクイーン流 Sweet「Give Us a Wink」




US盤、ギミックジャケット

Sweet「Give Us a Wink」(1976)

60年代のデビューながら、初め3年ほどはほとんど売れなかったらしいイギリスのグループ、スィートですが、グラムロックの隆盛に乗っかった70年頭あたりからシングルヒットを連発。AC/DCという名前の曲も残していますので、ハードロック界への影響力の強さも大きいんじゃないでしょうか。多分このアルバムは4枚目にあたるんじゃないかと思いますが、ジャケットはフロントは目の部分、後ろも一部カットされているギミック仕様なアルバムです。ランクをみると、意外や意外なことに、イギリスでチャート・インしてないようで…?というか、ほとんどのアルバムがランク・インしたことがないようです。その変わり他の西側ヨーロッパ諸国ではかなりの売れ行きだったみたいです。もちろん、日本でもそれなりの人気を得ていたのでは。

アップテンポ且つ変幻自在な頭の曲「Action」に象徴されるように、ギターを飛び道具的に使いながら、ハイトーンなバックコーラスが被さる、というパターンが多く、ノリの4つ打ちな感じの曲も多い印象です。ドラムもシンバルをとめる手法が多く、これもちょっとクイーンぽさアップ。 でも何よりもギターの音の重ね方やリフの出し方がクイーンを参考にしている感じがします。 それまではもう少しシンプルなサウンド作りをしていたんじゃないかと思います。このアルバムは1976年の登場、ということでクイーンは華麗なるレースを出した年。クイーンの音作りを参考にしたアルバム作りを目指したんじゃないかという妄想。ちなみにプロデュースはスィート名義。

このアルバムでは、随所でシンセサイザーが多用されていますが、クイーンと言えばノー・シンセサイザー。それにクイーンの場合はギターもエフェクターで別の音をつくることもあまりなく、そのあたりが音の厚さや重さとして両者の差異が出ているような気がします。なんてひいき丸出しなことを書きましたが、メロディは面白いし演奏もうまくて聴きどころありなアルバムだと思います。



Action




Yesterday's Rain





にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

拍手[0回]

× CLOSE

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新コメント

[03/26 たかゆき]
[03/14 submariner rolex occasion replique]
[01/01 SAMARQAND]
[07/03 いたち野郎]
[06/28 yuccalina]

フリーエリア

プロフィール

HN:
いたち野郎
性別:
男性
職業:
紳士
趣味:
レコード
自己紹介:
1984年生まれ。現在の住まいは千葉県浦安市。

ブログ内検索

アクセス解析

カウンター

バーコード

忍者アナライズ

× CLOSE

Copyright © 4番、サード、いたち野郎 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]