忍者ブログ

4番、サード、いたち野郎

千葉ロックマリーンズ
MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Lou Reed「Coney Island Baby」

10月27日の今日はルー・リードの命日でして、亡くなったのは2年前でしたか、近年はロック・ミュージシャンがどんどん鬼籍に入られてますが、その中でも特段大きなニュースだなーと感じましたね。

つっても普段まじめにルー・リードを聴いているかというとそういうわけではなく、正直ディスコグラフィの順番もよくしらないけどアルバムは一通りある、気がします。一部を除けば安いからかしら。

同じような認識をしているのがボブ・ディランで、アルバムはたくさん出てるんだけど、ある時期だけまとめて聴くと違いがよく分からなくて、分からないというか、どれがどのアルバムの音か忘れる、って具合いで、かといって悪いというわけではなくむしろ心地よいサウンドが多いので手放さず、でもあんまり繰り返して聴いてない、そんな数少ないパターンのミュージシャンです。お恥ずかしい話ですが。

この両者は歌詞もいいらしい、という評判でも共通しますが、それと同時に肝心の詞が聴き取りづらいんじゃないか説もありまして、リードに関しては当のアメリカ人でも何て言ってるか分からないらしく、そのことについてある記者が聞いたところ「聴こえた音が曲そのものなんだから、別にいーじゃねーか」といった感じの返事をされたそうです。

そんなことを思い出しながら、久しぶりに聴いてみようと思い立ちさらに思い出したのは、最近読んだレコーディング・スタジオに関する本で、ルー・リードのアルバムが1枚紹介されていたという、そんな思い出しです。この本も面白かったので、いずれ紹介したいですね!

その本によるとニューヨークに「メディアサウンド」という有名なスタジオがあり、そこはクラブ系の音楽が主に録音されていたのだけれど、実はルー・リードのアルバムも録音されていたそうです。それが1976年の「コニー・アイランド・ベイビー」です。


リードは当時、一つのスタジオに収まることなく転々として録音していたようですが、このアルバムはリードが肩の力を抜きに抜いて、気恥ずかしいコーラスで自ら笑ってしまうくらい緩んでいるんですが、控えめなサウンドにすらポエトリーな歌声が埋もれそうな微妙なニュアンスがいいなーと思いますね。ジャズっぽいリード・ギターがするっと表に出てきて、そしてほのかにグラム・ロックぽいジャケ。両方のシャレた雰囲気がピッタシときていると感じたり。写真はミック・ロックが撮ってます。

当時リードはRCAに在籍していましたが、そういえばルー・リードとレイ・デイヴィスってRCAはもちろん、次のARISTAでも同時期に被っているんですよね。どちらも同じ大手の傘下レーベルではありますが、2人に接点はあったのかしら。






にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村
バナーをクリックいただくと管理人にいいことが起こるそうです。

拍手[2回]

PR

Comment

無題

  • yuccalina
  • 2015-11-02 17:11
  • edit
こんにちは。
ルー・リード一応NEW YORKまでは全部聴いたんですけど、やはりヴェルヴェッツの方がリピ度は高いかな。ちなみに私が一番好きなのはLegendary Heartsなんです。なじぇかと言うと、リアルタイムでは一番最初に聴いたアルバムだからです。多分、サウンドストリートだったかな。それと当時中々見られなかったタイトル曲のPVを、テレビ埼玉で放送してて、浦和在住の友人にコピーして貰って見たのが懐かしい思い出です。確かNEW YORK PUNK特集で、他はイギー・ポップ、パティ・スミスとトム・ヴァ―レイン!(Words from the Frontから2曲)でした。あー、なんかまた見たくなってきました。

無題

  • いたち野郎
  • 2015-11-05 01:39
  • edit
yucalinaさん、コメントありがとうございます♪

Legendary Hearts!今回取り上げようと思って家の中を探したら、これがなかったんですよ。あった気がしたのに、もしかしたら元々持っていなかったのか…。しかしリードのPV見られるとは、テレビ埼玉あっぱれですね。そんな番組があったとは!??見たくなります。
お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

× CLOSE

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新コメント

[03/26 たかゆき]
[03/14 submariner rolex occasion replique]
[01/01 SAMARQAND]
[07/03 いたち野郎]
[06/28 yuccalina]

フリーエリア

プロフィール

HN:
いたち野郎
性別:
男性
職業:
紳士
趣味:
レコード
自己紹介:
1984年生まれ。現在の住まいは千葉県浦安市。

ブログ内検索

アクセス解析

カウンター

バーコード

忍者アナライズ

× CLOSE

Copyright © 4番、サード、いたち野郎 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]